2012年2月21日 (火)

オート水洗

Blog_back060615

【NO.296】「オート水洗」のウソ・ホント《会員リクエスト》

オート水洗って何?
 オート水洗とは、オート洗浄とか自動洗浄ともよばれ、トイレで用を足した後で自動的に水が流れる仕組みを指す。
 センサーで入室と退出を感知し、人が出ていった後に必ず便器の水が流れるようになっている。それが、オート水洗だ。レバー操作で水を流す場合、大・小を流し分けできるが、オート水洗では、そこまでの“感知”は無理。一律に大の水量となるのが普通だ。
 デパートやホテルに設置されるオート水洗の場合、反応が早く、便座に座ったまま体を揺り動かすだけで水が流れることもある。しかし、家庭用の場合、そんなに簡単には水が流れない。トイレから出て、ドアを閉めた直後に水が流れるようなタイミングだ。


オート水洗の長所は?
 オート水洗の長所はズバリ手間が省かれること。といっても、わざわざ省くほどの手間ではないとも考えられる。しかし、実際には他の機能もオート化されており、総合的な便利さがある。
 たとえば、トイレに入った瞬間にベンフタが開き便器の消臭機能が動く。水を流したあとに、ベンフタや便座が降りて、便座の保温・節電を行うといった具合。いろいろな動きを自動化し、そのなかの一つがオート水洗となるわけだ。
 
 
オート水洗に短所はないの?
 オート水洗は、基本的に便座一体型でタンクレス仕様の便器に採用される機能だ。つまり、この機能を利用したいと思えば、値段の高い便器を買わなければならないということ。それが、短所といえるだろう。
 もう一つの短所は、小さな子供の場合、センサーが反応せず、流れないということがまれに起きる。また、オート水洗に慣れると、通常の便器で流し忘れという失敗をを犯しやすい。特に小さな子供は忘れやすい。
 以上が、実際にオート水洗の便器を自宅で使っている私の感想である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2012年2月 7日 (火)

レインシャワー

Blog_back060615

【NO.295】「レインシャワー」のウソ・ホント《会員リクエスト》

レインシャワーって何?
295 レインシャワーとは“雨シャワー”を意味し、雨が降るようにお湯が落ちてくるものを指す。通常のシャワーは水圧がかかって勢いよくお湯が出てくる。これに対して、レインシャワーは勢いがない。そのため、浴室の天井に噴出口が固定され、上から落ちてくるお湯を下で浴びる形式になる。
 レインシャワーを設置するときは、通常のシャワーも設置される。体を洗うときは通常のシャワーを使い、最後にレインシャワーを浴びる——そういう使い方をする特殊なシャワーである。


レインシャワーの長所は?
 レインシャワーは柔らかなお湯のシャワーである。これを浴びると、ストレス解消の効果が大きいとされる。私の印象では、ストレス解消よりも癒し効果が大きい。ホッとする、やさしい気持ちになれる。そんな効果が、レインシャワーの特性だと考えられる。
 
 
レインシャワーに短所はないの?
 レインシャワーの設置例は少ない。都心部の超高級マンションに設置されている。以前は、三井不動産レジデンシャルの高級物件にのみ設置されていたが、近年は他不動産会社の物件でも見られるようになった。
 当初は天井に設置される噴出口が巨大な円盤状で、大がかりな設備だった。しかし、今はコンパクトになり、設置しやすい印象。しかし、まだ高価なのだろう、一部のマンションにしか採用されていない。憧れの設備といったところか。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年12月22日 (火)

傷つきにくいフローリング

Blog_back060615

【NO.242】「傷つきにくいフローリング」のウソ・ホント《会員リクエスト》

傷つきにくいフローリングって何?
242 「フローリング」とは、木質系の床を指す言葉。合板もしくはムクの木材を用いた床はダニの発生が少なく、掃除も楽。シンプルなムードも好まれ、住宅床の主流になっている。
 しかしながら、従来のフローリングには二つ注意点があった。一つは、硬いものをぶつけると傷つきやすいということ。もう一つは、定期的にワックス掛けを行わないと、表面が痛みやすいということだ。
 この欠点を解消する工夫がいくつか生まれている。それが、「コーティング」であり、「シート系」というような新しいタイプのフローリング材の誕生である。


フローリングのコーティングとは?
 コーティングというのは、フローリングの表面にフィルム加工などを施し、表面を皮膜で覆って傷がつきにくくするもの。これを行うとワックス掛けも不要だ。
 これは、車の外装にコーティング処理を施し、ワックス掛け不要にするのと同じ発想である。
 ただし、このコーティング、効果が永久に続くわけではない。製品によって異なるが、効果が持続するのは数年から10年程度というものが多く、3年程度で効果がなくなったという話もある。
 効果がなくなった場合、再度コーティング処理をしてもらわなければならない。これが、実は面倒。家具屋、ソファ、テレビなど動かさなければならないからだ。それが、コーティングの大きな問題点となる。
 
 
最新のフローリングはどうなっているの?
 最新住宅でこのところ増えているのは、「シート系」とか「シート材」と呼ばれるタイプのフローリング材。これは、合板のフローリングで、表面に塩ビ系のシート材を貼ったもの。シート材には木目がプリントされており、見た目は木の床と変わらない。
 それでいて、傷つきにくく、ワックス掛けは不要。丈夫で長持ちすると、長所が多い。当然ながら、シート系のフローリングならば、コーティングの必要もない。
 このシート系フローリングが、これからの主流になってゆくと考えられる。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年10月13日 (火)

タッチレス水栓

Blog_back060615

【NO.237】「タッチレス水栓」のウソ・ホント《会員リクエスト》

タッチレス水栓って何?
 今回は、読者からのリクエストにおこたえしてタッチレス水栓を取り上げる。
 キッチンのシンク(流し)に設置される混合水栓の最新版がタッチレス水栓だ。
 通常の混合水栓はシングルレバーの操作を左右に動かすことで湯温の調整ができ、上下に動かすことで水(お湯)の出す・止める=吐水・止水を操作する。
 この吐水・止水をレバーに触れることなく操作できるのがタッチレス水栓。では、レバーに触れずにどうやって操作するのか。
 以前は、足元のペダルで操作する方式があった。しかし、今はもっと簡便な方式が生まれている。それは、水栓金具の一部にセンサーを組み込むもの。このセンサー近くに手をかざす。すると、センサーが反応して吐水。もう一度センサー近くに手をかざすと止水するという仕組みである。
 手を触れず揺り動かすだけで吐水・止水を操作できる。だから、タッチレス水栓というわけだ。


タッチレス水栓の長所は?
 その長所は、調理中に使いやすいことだ。
 調理をすると、両手が汚れ、その両手を洗うために水を出したいということがある。水を出すためには、汚れた手でレバーに触らなければならない。すると、レバーが汚れ、レバー掃除の手間が増える。
 この手間及びジレンマを解消してくれるのがタッチレス水栓である。
 実は、この製品の一段階前にワンタッチ水栓というものがあった。これは、水栓金具の一部を軽く触れるだけで吐水・止水を操作できるというもの。肘や肩で触れるだけで済むので、両手が汚れているときも使いやすいという製品だ。
 タッチレス水栓は、このワンタッチ水栓の進化形なのである。
 
 
タッチレス水栓に短所はないの?
 タッチレス水栓は間違いなく便利だ。センサーの感度はよいし、タイムラグも少ない。手をかざすだけで、吐水・止水を操作できる。
 しかし、問題は値段。まだ出たばかりということもあり、水栓金具の中では高級品となっている。
 予算が許せば、設置したいキッチン設備である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年9月29日 (火)

折り戸式サッシ

Blog_back060615

【NO.236】「折り戸式サッシ」のウソ・ホント《会員リクエスト》

折り戸式サッシって何?
 今回は、読者からのリクエストにおこたえして、折り戸サッシについて取り上げる。
 リクエストでは、カフェにあるアコーデオンのようなサッシを住宅にも設置できないか、という質問だった。カフェで見るサッシは、すき間もあり、住宅には不向き。そこで、住宅に設置できる折り戸式サッシのことを書きたい。
 マンション、戸建て住宅に設置されるアルミサッシには、いろいろな形状のものがある。「折り戸式」もその一つ。カフェで見かけるアコーディオン式に近い窓のことだ。
 もしくは、お風呂の入り口に設置される二つ折れのドア……その形式を採用した窓といえばおわかりいただけるだろうか。かなり特殊な窓である。
 外国のカフェで使われるのは、ガラス戸1枚1枚が細長いもの。しかし、住宅に採用される折り戸は、1枚1枚が幅広になっている。住宅用のサッシは気密性を高くし、風の日もガタつかないようにしなければならない。そのため、1枚1枚が大きく頑丈になってしまうのである。


折り戸式サッシの長所は?
 折り戸式サッシの長所は、窓を開け放したいとき、開口部が大きくなること。例えば、幅2mの窓に、一般的な引き違い窓を設置したとしよう。その場合、開口部は最大で窓幅の半分。全体の幅が2mの場合、その半分の幅1m程度しか開かない。しかし、折り戸であれば2m近くまで開けることができる。
 加えて、見た目がお洒落であることも、折り戸の長所だ。
 
 
折り戸式サッシに短所はないの?
 折り戸式サッシを採用した場合、まず問題になるのは網戸。特殊な開き方をするため、窓の外側に網戸を設置できない(設置すると、窓を開けるときにぶつかる)。そこで、内側にプリーツ網戸を設置することになる。
 次の問題点は、値段が高いこと。折り戸は窓枠に大きな重さがかかるため、窓枠を頑丈にしなければならない。ガラス戸も特殊な形状のため、サッシの値段が高くなってしまうのだ。
 同じ理由で、ガラス戸のサイズが限られる。背の高いガラス戸を採用すると、重量が増し、窓枠への加重が大きくなりすぎる。だから、高さ180cm程度までのガラス戸になるのが普通。ハイサッシの窓には設置しにくいわけだ。
 それらの問題があるため、マンションや戸建て住宅での採用例は少ないのが実状だ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年9月15日 (火)

バルコニータイル

Blog_back060615

【NO.235】「バルコニータイル」のウソ・ホント《会員リクエスト》

バルコニータイルって何?
235 バルコニータイルは、直訳するとバルコニーの床に敷き詰めるタイルのこと。戸建て住宅の場合、庭に張り出したバルコニーに床用のタイルを貼ることがある。それももちろんバルコニータイルだが、マンションのバルコニー用タイルは内容が異なる。
 マンションの場合、バルコニーは共用部分となり、個々の住戸でタイルを貼ることは許されない。しかし、置くだけのタイルならば許可される。
 そこで、マンションのバルコニー用タイルは、焼き物ではなく強化プラスチックなど軽い素材のものとなる。そのタイルの下にやはりプラスチック製の足を付け、バルコニー面から少し浮いた状態で敷き詰める(置く)のが一般的な形式である。


バルコニータイルの長所は?
 バルコニータイルの色はベージュや薄いグレーが一般的。柔らかな色合いであるため、コンクリート面がむき出しになっているより高級感が出る。
 そして、バルコニーの床が持ち上がるため、リビングの床との一体感も演出できる。リビングの床と同じ高さまで持ち上げると、リビングの床がバルコニーまでつながっているように見える。つまり、リビングが広く見える。それが、大きな特徴だ。
 加えて、タイル表面がきれいに保たれやすいので、素足や靴下のまま出ても支障が少ないという利点もある。
 これは、タイルとタイルの間にすき間があることから生まれる長所。砂ボコリがすき間から落ちるので、タイル表面が汚れにくいのだ。もちろん、まったくきれいというわけではない。汚れるのだが、汚れ方が少ないため、素足で出やすいというわけだ。
 これは、木のタイルを敷き詰めたときにも生まれる効用である。
 
 
バルコニータイルに短所はないの?
 内側に虫がわく?という不安を抱く人が少なくない。バルコニー面とタイルの間にすき間ができるので、そこに虫が入り込みそうだ。
 実際にタイルを敷いたことがある私の経験を申し上げると、たしかに虫がいました。
 引っ越すときにタイルを上げたら、一部に蜘蛛の巣があり、ダンゴ虫などの姿も認められた。しかし、住んでいる間、虫がタイル下から大量発生したことはない。下が土ではなく、コンクリート面なので、虫の心配は少ないだろう。
 こまめにタイルを上げ、掃除をすれば蜘蛛の巣も防ぐことができる。しかし、そんな場所まで掃除する気にならないのが実情。私の場合、3年ほど敷きっぱなしだったが、別に支障はなかった。まあ、たまには掃除をしたほうがいいのだろうが……。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年6月23日 (火)

らせん階段

Blog_back060615

【NO.229】「らせん階段」のウソ・ホント《会員リクエスト》

らせん階段って何?
229 らせん階段というのは、中心となる柱のまわりにステップを設置。上から見ると円形をしており、まわりながら上がったり降りたりする方式の階段を指す。
 そのらせん階段は、戸建て住宅にもマンションにも設置される。マンションの場合、メゾネット形式(二層式)の住戸に設置されることが多い。マンションに設置されるのは、スペースを取らないという長所のため。その長所については、事項で詳しく説明したい。


らせん階段の長所は?
 らせん階段は一般的な階段よりも狭いスペースに設置できる。そのため、マンションや狭小住宅のようにスペースを有効活用したいときに採用されやすい。
 もう一つの長所は、見た目がオシャレであること。リビングに設けられたらせん階段で上層階に行き来する……そんな光景はなんとも格好がよい。個性的な住まいという印象も与える。だから、デザイナーズマンションや個性派の戸建て住宅に好んで使われるのである。
 
 
らせん階段に短所はないの?
 オシャレならせん階段だが、短所もある。最大の短所は、足を踏み外しやすいことだ。
 らせん階段のステップは1段1段が扇形をしており、中心に近くなればなるほど面積が狭くなる。外周部であれば面積が広いので、踏み外しにくい。しかしながら、らせん階段を降りるとき、多くの人が面積の狭い中心部に足を置いてしまう。それで、ステップを踏み外す危険性が高まるわけだ。
 欧米のらせん階段は、この「踏み外し事故」を防止するため、外周部とともに中心部にも手すりを設置。さらに、面積が狭い中心部近くには足を置きにくい設計を採用することが多い。その点、日本のらせん階段は、まだ遅れているといえるだろう。
 このほか、家具など大きなものを上階に上げるとき、らせん階段だと運びにくいという短所もある。
 オシャレであるが、使い勝手は必ずしもよくないわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年4月28日 (火)

地下住戸

Blog_back060615

【NO.225】「地下住戸」のウソ・ホント《会員リクエスト》

地下住戸って何? 
225_3 地下住戸というのは、地面より下に設けられる住戸のこと。「地下室が付いた住戸」ではなく、すべてが地下にある住戸を指す。
 といっても、「土に囲まれた窓なし住戸」ではない。地下に広いドライエリア(から堀のようなもの)を設け、“地下の庭”に面した住戸——それが、現在の地下住戸だ。
 地下住戸は建築基準法の改正によってつくりやすくなり、ここ数年急速に増加。それも3階から5階建ての低層マンションに設けられるケースが増えている。


地下住戸の長所は?
 近年増えている地下住戸。それを設ける理由は、主に1戸あたりの分譲価格を下げるためである。
 例えば、高さ制限により3階建ての低層マンションしか建設できない場所で、地下住戸を設けるとどうなるか。高さ制限を守りながら、地下1階地上3階建て——実質的に4階建ての建物を建設できることになる。3階建てのときよりも1フロア増えるため、当然ながら分譲される住戸数も増える。その結果、1戸あたりの分譲価格を下げることが可能になる。
 価格が下がれば、購入者が喜ぶ。それで売れ行きがよければ不動産会社にとってもメリットが生まれる。加えて、地下住戸を思い切り安く分譲すれば、「その値段だったら、買いやすい」と喜ぶ人もいる。
 以上の長所があるため、低層マンションを中心に地下住戸が増えているわけだ。
 
 
地下住戸に短所はないの?
 地下住戸で以前から懸念されているのは湿気と浸水の問題。広いドライエリアを設けても、地下は湿気が溜まりやすい。だから、カビ、ダニが発生しやすく住環境がわるくなるというわけだ。
 しかしながら、現在は24時間換気装置の設置により、湿気の問題は減少している。これも、地下住戸が増えている理由の一つと考えられる。
 次の懸念は「浸水」。集中豪雨や台風により雨水が下水からあふれ出すと、地面より低い位置にある地下住戸は床上浸水の危険があるというのだ。
 これを防ぐため、地下住戸をつくるときは、雨水対策を第一に考える。一時的に雨水を溜めて下水があふれることを回避するための「遊水池」を建物の地下に設けるような工夫が行われるわけだ。これによって、浸水の危険も大幅に減少している。
 残る短所は一つ。地下住戸は上から家の中が見えやすい、ということだ。これを防ぐため、住戸の配置に工夫することになる。
 短所はいくつかあるが、それを解消するための工夫も進んでいる。その結果、地下住戸の居住性は大きく向上しているのが実情だ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

ゴミ分別で最も困ること、面倒なことは何ですか?

■第64回リアルタイム投票受付開始。

ゴミ分別で最も困ること、面倒なことは何ですか?《会員リクエスト》

1 - 生ゴミの臭い
2 - 家でのゴミ箱置き場
3 - 食品トレイを洗って乾かすこと
4 - プラスチック包装類の洗浄・置き場
5 - 牛乳パックの置き場所
6 - 紙類の置き場所
7 - ゴミを入れる袋の設置
8 - 缶つぶし
9 - スーパーへ食品トレイを持っていくこと
10 - 使用済み乾電池類の置き場所
11 - その他

投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

上吊り引き戸

Blog_back060615

【NO.214】「上吊り引き戸」のウソ・ホント《会員リクエスト》

上吊り引き戸って、どういうもの?
214 上吊り引き戸は、部屋の入り口に設ける扉の一種。襖や障子のように引いて開け閉めする方式=引き戸で洋風のものに採用される。
 引き戸を設置するとき、床にレールを敷く方式がある。レールの上を扉がスライドするものだ。
 以前の洋風引き戸は、このレール方式を用いていた。ところが、マンションでこのレール方式を使用すると、問題が起きやすかった。引き戸を開け閉めするたびにゴロゴロという音が階下の住戸に響いてしまったのだ。
 そこで、開発されたのが、床のレールをなくし、上部のレールで動かす方式。それが上吊り引き戸である。


上吊り引き戸の長所は?
 上部にレールを設け、そこから扉を吊すのが「上吊り方式」。この方法を用いると、階下にも階上にも音が伝わりにくく、騒音問題が少なくなる。
 加えて、床に設けたレール部にゴミが溜まるという問題もなくなる。
 静音性と清掃性の両面で長所があるわけだ。
 
 
長所の一方、短所は?
 上吊り引き戸は利点の多い方式だ。子供がぶら下がって遊ぶようなことをしない限り、はずれたり、壊れるようなこともない。
 一方で、「吊る」という方式であるため、重たい扉は支えにくい。重い扉でも大丈夫なようにつくると値段が高くなるという短所があった。
 しかしながら、最近はかなりの重量にも耐え、価格を抑えた製品が出るようになり、幅広く採用されようになっている。
 現在では、マンションに洋風引き戸を設置する場合、上吊り方式になるのが一般的になっている。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)