2011年6月 7日 (火)

指はさみ防止玄関ドア

Blog_back060615

【NO.278】「指はさみ防止玄関ドア」のウソ・ホント

指はさみ防止玄関ドアって何?
278 指はさみ防止玄関ドアとは、ズバリ開閉時に指はさみが生じにくいよう工夫された玄関ドアのことだ。
 通常、指はさみが生じやすい場所は2カ所。一つは、ドアノブが付いている側——ドアが閉まる瞬間に指を挟んでしまう事故である。
 もう一つ、指はさみが生じやすいのは、蝶番(ちょうつがい)がある側の隙間。支柱に近い部分だ。この部分は、ドアを開けきったときと、閉まるときに指はさみが生じやすい。そして、指はさみが生じると骨折など重大事故になりやすい場所でもある。
 指はさみ防止の工夫が施されるのは、後者の部分。ドアの支柱に近い部分で、指はさみが生じると重大事故になりやすい部分だ。


どのようにして指はさみが防止されるの?
 ドアを開閉するとき、支柱に近い部分には細い隙間が生じる。この隙間にうっかり指を入れると、指はさみ事故が生じる。小さな子供がおもしろがって指を入れることもあり、危険は大きい。
 指はさみを防止するためには、隙間が生じないようにすればよい。この発想から、ドアの形状を工夫し、開閉時に隙間が生じないようにした玄関ドア——それが指はさみ防止玄関ドアの仕組みである。
 近年、玄関ドアは重くなっている。頑丈なスチール製で、断熱材入り。丈夫な錠も付いているので、ずっしりと重い。ドアが重くなったからこそ、指はさみ防止の工夫が求められたのである。
 
 
指はさみ防止玄関ドアに短所はないの?
 指はさみ防止玄関ドアでは、支柱側の隙間を細くして指はさみの危険を減らしている。しかし、支柱側の隙間を完全に塞いでいるわけではない。わずかだが、隙間があるため、幼児の細い指だと挟まれる危険がある。
 指はさみ防止になっている玄関ドアでも、やはり注意は必要ということである。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2010年1月26日 (火)

レバーハンドル

Blog_back060615

【NO.244】「レバーハンドル」のウソ・ホント

レバーハンドルって何?
244 室内ドアに付くドアノブ——その形状で現在の主流になっているのはレバーハンドルだ。
 以前からある円形ではなく、棒状になっているもの全般がレバーハンドルとよばれる。円形ドアノブの場合、ドアを開けるときはノブを回す。これに対し、レバーハンドルではレバーを下げることでドアが開くことになる。
 レバーハンドルは、昭和の終わり頃から住宅内に広まったものである。


レバーハンドルの長所は?
 レバーハンドルの長所は操作性がよいこと。円形ノブでは握力の弱いお年寄りや小さな子供では回しにくいことがある。
 その点、レバーハンドルは下に押すだけなので、握力が弱くても操作しやすい。だから、誰にも扱いやすいユニバーサルデザインとなるわけだ。
 
 
レバーハンドルに短所はないの?
 操作性のよいレバーハンドルだが、短所もある。例えば、服やバッグが引っかかりやすいということ。廊下を歩いているとき、レバーハンドルに服の一部が引っかかることがあるわけだ。
 ひっかかりは頻繁に起きるものではない。希に起きる程度だが、服が破れるなどの被害が出るので注意したい。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2008年11月11日 (火)

上吊り引き戸

Blog_back060615

【NO.214】「上吊り引き戸」のウソ・ホント《会員リクエスト》

上吊り引き戸って、どういうもの?
214 上吊り引き戸は、部屋の入り口に設ける扉の一種。襖や障子のように引いて開け閉めする方式=引き戸で洋風のものに採用される。
 引き戸を設置するとき、床にレールを敷く方式がある。レールの上を扉がスライドするものだ。
 以前の洋風引き戸は、このレール方式を用いていた。ところが、マンションでこのレール方式を使用すると、問題が起きやすかった。引き戸を開け閉めするたびにゴロゴロという音が階下の住戸に響いてしまったのだ。
 そこで、開発されたのが、床のレールをなくし、上部のレールで動かす方式。それが上吊り引き戸である。


上吊り引き戸の長所は?
 上部にレールを設け、そこから扉を吊すのが「上吊り方式」。この方法を用いると、階下にも階上にも音が伝わりにくく、騒音問題が少なくなる。
 加えて、床に設けたレール部にゴミが溜まるという問題もなくなる。
 静音性と清掃性の両面で長所があるわけだ。
 
 
長所の一方、短所は?
 上吊り引き戸は利点の多い方式だ。子供がぶら下がって遊ぶようなことをしない限り、はずれたり、壊れるようなこともない。
 一方で、「吊る」という方式であるため、重たい扉は支えにくい。重い扉でも大丈夫なようにつくると値段が高くなるという短所があった。
 しかしながら、最近はかなりの重量にも耐え、価格を抑えた製品が出るようになり、幅広く採用されようになっている。
 現在では、マンションに洋風引き戸を設置する場合、上吊り方式になるのが一般的になっている。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

ドアカメラ

Blog_back060615

【NO.207】「ドアカメラ」のウソ・ホント

ドアカメラって何?
207 玄関ドア横のインターホンにカメラが組み込まれ、インターホンを押した人の顔や全身を映し出す設備が「ドアカメラ」。家の中の人はモニター画面で来訪者を確認して、ドアを開ける。一戸建て住宅ではおなじみの設備である。
 一戸建てでは以前から広まっているが、マンションではまだ珍しい。というのも、マンションの場合、建物全体の入り口(エントランス)にオートロックがあり、そのカメラで来訪者の顔を確認する方式になっているからだ。
 オートロックで確認しているため、各住戸の前ではカメラによる確認は不要。だから、ドアカメラを付けることはなかったわけだ。


ドアカメラの長所は?
 これまで、マンションでは各住戸のドア前にドアカメラを付けることはなかった。しかし、最近はオートロックのカメラに加え、各住戸前にドアカメラを付けるケースが出始めた。
 これは、防犯性をさらに高めるためである。共連れなどの方法でオートロックを突破した犯罪者がご近所さんのふりをしてドアのチャイムを鳴らそうとする。そのとき、チャイムボタンの上にカメラが見えたら……。犯罪をもくろむ悪人は顔を録画されるのを嫌い、退散するだろう。
 また、ドアカメラを設置することで、ドアに設置されるドアスコープをなくすことも可能になる。ドアスコープがなければ、犯罪者が付け入るスキを一つ無くすことができる。
 いろいろな面で防犯性が高まる。それがドアカメラの長所である。
 
 
ドアカメラに短所はないの?
 ドアカメラは、あれば、間違いなく便利な設備となる。が、問題は設置するための費用がかさむため、現在は高級マンションにしか設置されていないという点。まだ、普及度が低いのだ。
 安心できる設備であるから、これから広く普及して欲しいところである。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

幅広の框(かまち)

Blog_back060615

【NO.177】「幅広の框(かまち)」のウソ・ホント

幅広の框って何?
177 框というのは、玄関の床に設置される横木や、ドア障子類の枠のことを指す。幅広の……という場合は、ドア枠を指すのが一般的。ドアの周囲を囲む木枠——その幅が広くなっているのが「幅広の框」である。
 通常、ドアの框は2cm程度の幅になっている。この幅が4cm以上になっていると「幅広」ということになる。
 明確な基準があるわけではないのだが、そのくらいが一応の目安である。

框を幅広にするメリットは?
 ドアの框を幅広にすると、重厚なムードがでる。この「ムードの演出」が、框を太くする主たる目的だ。
 高級マンションでは、以前から框を幅広にすることが行われている。それは、室内ドアが重厚になっていることと無縁ではないだろう。
 重厚なムードで実際の重量も重い室内ドアを採用すると、框も重厚にしないとバランスがとれない。それで、框の幅が広くなり、10cm近い幅の框も採用されているほどだ。

幅広の框の最新傾向は?
 最近の傾向は、幅広の框の採用例が増えていること。高級マンションだけでなく、スタンダードレベルのマンションにも採用されるケースが少しずつだが出ている。
 といっても、10cm近い“特広”の框ではなく、4cm幅程度の「少し幅広タイプの框」が主流だ。
 これは、スタンダードレベルのマンションでも重厚な室内ドアが増え始め、それにあわせて、框の幅を広げているためと推測される。
 日本のマンションがレベルを上げている一つの証拠でもある。
 

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

ダブルドアスコープ

Blog_back060615

【NO.176】「ダブルドアスコープ」のウソ・ホント

ダブルドアスコープとは?
 ダブルドアスコープというのは、玄関ドアに付けられるのぞき穴「ドアスコープ」が二つ付けられていることを指す。
 これまで、ドアスコープは高さ1.5m程度でドア中央部分に一つ付けられるものだった。
 これを二つにする。二つめのドアスコープは高さが1mよりも低い位置に設置する——それがダブルドアスコープだ。
 つまり、二つののぞき穴(ドアスコープ)が上下に1m程度離して配置されることになる。それによって、いろいろと都合のよいことが起きるわけだ。


ダブルドアスコープの長所は?
 ドアスコープを上下2箇所に設置することで、次のような長所が生まれる。
 まず、小さな子どもでもドアスコープを覗くことができ、外の様子を確認しやすくなる。同様に、車いすに座ったままでも使いやすい。
 これを逆に考えると、来訪者が小さな子どもや車いすの人でも、内側から顔を確認しやすいということにもなる。
 つまり、誰にとっても使いやすいという意味で、ダブルドアスコープはユニバーサルデザインのひとつでもあるわけだ。
 セキュリティ面では、不審者が訪れた場合、足元に誰か隠れていないか、そして、手に武器等を持っていないかを確認できることになる。
 なかなか役立つ設備なのである。


ダブルドアスコープに短所はないの?
 まだ、設置されはじめて日が浅く、採用例が少ないので、不満の声は聞こえてこない。この「採用例が少ない」ことが短所といえば短所だろう。
 安全対策を考えれば、二つのドアスコープにそれぞれフタを設置することが必要。フタを付けないと、室内の明かりがダブルで漏れ、在宅・不在の大きな目印になってしまうからである。
 

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

ドアスコープ

Blog_back060615

【NO.172】「ドアスコープ」のウソ・ホント

ドアスコープって、どんなものなの?
 ドアスコープというのは、玄関ドアに付けられる“のぞき穴”のようなもの。玄関のドアを開けなくても、外の様子や訪ねてきた人の顔を見るための設備だ。
 といっても、ドアにただ穴をあけるだけではない。小さなレンズをはめ込み、広角で外の様子が分かるようにしている。小さな穴なのに、広い範囲を見渡せるのがドアスコープの長所である。

ドアスコープに問題点はないの?
 ドアスコープがあれば、玄関ドアを開ける前に、来訪者を確認できる。また、玄関の外で物音がしたときなどに、外の様子をこっそり確認することも可能に。
 その一方で、外から室内の様子が分かってしまうという短所もある。
 そう書くと、ドアスコープを外側から覗くと、室内が丸見えになるのかと思われるかもしれない。
 もちろん、そのようなことはなく、ドアスコープを外から覗いても、白濁した「色」が見えるだけだ。
 中の様子を見られることはないのだが、室内に照明がついているか、付いていないかは分かってしまう。これにより、留守中なのか、在宅中なのかの目安を付けられてしまうという短所があるわけだ。

ドアスコープの最新傾向は?
 最近のドアスコープは、「カバー付き」のものが多くなっている。内側に小さなフタのようなカバーが付き、外の様子をみるときは、このカバーをずらす。
 普段はカバーがかかったままになっているので、室内の照明が漏れない。これにより、外からドアスコープをみても、室内の照明がついているのか、消えているのかが分からない。だから、留守中なのか、在宅中なのかの目安も付けられないという仕組み。一人暮らしの女性には、特に喜ばれる工夫となる。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

2ドア洋室

Juusetsunavi_back

【NO.140】2ドア洋室のウソ・ホント

「2ドア洋室」ってどういうもの?
 2ドア洋室というのは、そのものズバリ、ドアが二つある洋室のことだ。  普通、マンションの洋室に設けられる出入り口は一つだけ。最近は、クローゼットから洗面所等に抜けることができる「ウォークスルークローゼット」方式があり、その場合は、「ドア以外にもう一つの出入り口がある」となる。
 そのような方式ではなく、廊下に出るためのドアが二つある方式が「2ドア洋室」だ。 和室の場合、出入り口が二つあるのは珍しくない。リビングの奥に和室がある「中和室」の場合、リビング側と廊下側の2箇所に出入り口を設けることになるからだ。
 しかし、洋室にドアを二つ設ける例は多くない。多くはないが、時折見かけられる工夫なのである。

「2ドア洋室」の長所は?
140 一つの洋室に2つのドアを設置するのは、「将来、その洋室を2つに分ける」ことがしやすいように。これは、子供部屋で重宝する工夫だ。
 例えば、2人兄弟の場合、小さいウチは広い子供部屋で一緒に遊ぶことを好む。だから、10畳の洋室を兄弟に与える。
 そして、子供が大きくなり、それぞれが個室を欲しがるようになったら、10畳の洋室を5畳ずつに分けて、2室にする。
 その際、10畳の真ん中に仕切り壁を設置するだけならリフォーム費用が安く済む。5万円から10万円程度で依頼することができるだろう。壁を設置する代わりに、背の高い収納棚を並べ、それで2室を区切ることもできる。
 このように、2室に区切るとき、はじめからドアを2つ用意していれば都合がよい。それが、2ドア洋室の狙いであり、長所でもある。

「2ドア洋室」に短所はないの?
 2ドア洋室に特に際だった短所はない。部屋を区切らず、広い洋室のまま使うと、ドアがムダに付けられていることになるが、それで不便が生じるということもない。
 ただ、気をつけたいのは、2つに区切ったときの採光や通気だ。
 2ドア洋室の場合、ドアの位置により、おのずと部屋の区切り方が決まる。その際、「右の部屋は窓があって明るいが、左の部屋は窓なしで、暗い」というような差が生じると困る。
 新たに仕切り壁を設けたとき、2つの部屋がともに快適かどうかを確認しておくことが大切になるわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

| | トラックバック (0)

ドアストッパー

Juusetsunavi_back

【NO.134】ドアストッパーのウソ・ホント

ドアストッパーって何?
 ドアストッパーというのは、ドアを開放したまま「止める」ものを指す。簡単なものは、ドアの下に挟み込み、“歯止め”にする仕組み。ゴム製やプラスチック製、木製などで、いろいろな形のものが売られている。
 このほか、ドアや床に固定される「装置」状のものもある。装置といっても複雑なものではなく、フックを引っかけたり、ドア下部に付けられたバーを倒すとストッパーになるといったものだ。

ドアストッパーの用途は?
 ドアストッパーが用いられるのは、洋風の玄関ドアと室内ドア。開けたまま固定しにくいドアである。襖のような引き戸であれば、開けたまま固定するのに苦労はしない。しかし、洋風ドアの場合、風で閉まったり、自動的に閉まる仕組みになっているため、ストッパーが必要になる。
 玄関ドアの場合、ストッパーで固定して、網戸を入れる。これで、玄関からの風通しをよくするのだが、昔より治安が悪くなった昨今、このような暮らし方は少なくなっている。つまり、玄関ドアにストッパーを付けることは少なくなっているのだ。
 これに対し、今もストッパーが重宝されているのは室内ドア。例えば、開放されることが多いリビングのドアなどで……。窓からの風を室内に通したいとき、リビングのドアはストッパーで固定されることが多くなるわけだ。

新しいドアストッパーの工夫は?
 開放されることが多いため、リビングのドアは、あらかじめストッパー付きとなるのが普通だ。リビングのドアを大きく開けると、床に戸当たりがあり、そこでドアが止まる。この戸当たりにフックなどが備えられ、ドアを固定する仕組みである。
 さて、ここで問題になるのが、「フックをかけるのが面倒」であること。腰をかがめなければならず、高齢になると重労働となる。
 そこで、開発されたのが、手間がかからないストッパー。ドアを最後まで開けると、床の受け金具がドアのフックをとらえて固定。ドアを再度押し込むと、フックがはずれてドアが開く仕組み。これなら、いちいち腰をかがめる必要がなく、操作が楽になる。最近、新築の分譲マンションで増えている工夫である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

| | トラックバック (0)

親子ドア

Juusetsunavi_back

【NO.121】親子ドアのウソ・ホント

「親子ドア」ってどういうもの?
 “親子”と名付けられるのは、洋風ドアで、小さく開けられる小型のドアが付属しているもの。小型のドアは、通常は固定され、広く開けたいときにストッパーをはずして開ける。すると、大小の扉で観音開きになる——という形状である。
 「フレンチドア」の別名もあるが、フランスで多く使われているのか、はたまたフランス生まれなのか、詳細は分からない。

「親子ドア」の長所は?
 親子ドアの長所は、大小の扉を開ければ、大きな出入り口ができること。これにより、大型の家具類を搬入しやすくなる。最近は冷蔵庫が大型化し、扉部分を通り抜けできないことがある。そんなときも親子ドアなら問題なし。二つのドアを開放し、楽に搬入できるわけだ。
 出入り口を大きくしたいなら、“親子”にしないでも、1枚の特大ドアを設ければよいとも考えられる。しかし、ドアを大型にすると、蝶番(ちょうつがい)にかかる負担が大きくなり、頑丈な金具が必要だし、故障も生じやすい。さらに、支柱も頑丈にしなければならない。
 それより、親子ドアで、1枚1枚を大型化させないほうが都合がよいというわけだ。

「親子ドア」が設置されるのは?
 親子ドアが採用されやすいのは、玄関ドアとLDの入り口部分。冷蔵庫やソファなど大きな家電製品や家具類の通り道になるところだ。
 そして、最近は廊下の幅が広がり、LDの出入り口に廊下幅に合わたドアを設置しようとすると、どうしても親子ドアにせざるを得ないというケースもある。
 かつては一戸建てでしか採用されなかった親子ドアだが、今は集合住宅に採用されるケースも増えているのだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧