2011年7月19日 (火)

キッチンディバイダー

Blog_back060615

【NO.281】「キッチンディバイダー」のウソ・ホント

キッチンディバイダーって何?
 キッチンディバイダーとは、対面式キッチンでコンロ前に設置される仕切りのこと。強化ガラス製のものが多く、ガラスで壁をつくってしまう場合と低い柵のようにするケースがある。
 このうち、最近人気が高いのはガラスで柵をつくる形式。柵といっても、小さなもので高さは25〜30センチ程度。コンロの横幅と同じくらいの幅でコンロとLDを仕切るように設置されるものである。


キッチンディバイダーの長所は?
 キッチンディバイダーを設置する目的は、安全対策と汚れ防止のため。オープン型キッチンの場合、コンロがLD側にむき出しになりやすい。その場合、火災の危険性があるし、油汚れが飛び散る可能性もある。が、だからといって、視界を遮る防火壁を設けると、せっかくの開放感が損なわれる。そこで、強化ガラスのキッチンディバイダーを設置し、安全確保と汚れ防止を計るわけだ。
 
 
キッチンディバイダーに短所はないの?
 キッチンディバイダーは、見た目もお洒落。ステキなLDKを演出できる。が、背の低い柵のようなキッチンディバイダーは、油はねを完全に防ぐことはできない。野菜炒めをつくるときは、フライパンから飛び出した野菜が柵を越え、LD側に侵入することもある。
 また、ガラスが温まりやすいという短所もある、
 さらに、油汚れが付くと気になるので、掃除回数が増えがち。きれいな設備だけに、汚れが気になってしまうわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2011年5月10日 (火)

フロアストッカー

Blog_back060615

【NO.276】「フロアストッカー」のウソ・ホント

フロアストッカーって何?
 システムキッチンに採用される「フロアストッカー」は“床収納”ではなく、床面近くに設置されるスライド(引き出し)収納のことを指す。
 従来、システムキッチンの最下部は台座になっていた。台座の高さは10cm程度あり、かなりのスペースをとっていた。この部分を収納スペースとして活用しよう、と考え出されたのがフロアストッカー。システムキッチンの最下部——床面ギリギリにスライド収納が設置され、浅い引き出しとして活用されるのである。


なぜ、フロアストッカーが増えたの?
 フロアストッカーは浅い引き出しだが、面積は広い。500ミリリットルの缶ビールを立てて並べることができるサイズだ。用途は限られるが、逆に缶ビールや缶ジュースを立てて保管する場所としては重宝する。
 その缶ビール、缶ジュース類は保管場所に困ることがあった。それらの保管場所としてちょうどよいこと——それが、フロアストッカーが増えている理由だ。
 
 
フロアストッカーに短所はないの?
 フロアストッカーは間違いなく便利な収納スペースだ。床面近くにあるため、出し入れしやすいとはいえないが、缶ビール類を置くのなら不自由さはない。
 ただし、既存のシステムキッチンに後付けすることはできない。フロアストッカーを設置したシステムキッチンでなければ、その便利さを享受することができない。それが、欠点というか残念な点である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2010年8月10日 (火)

カウンター下収納

Blog_back060615

【NO.258】「カウンター下収納」のウソ・ホント

まず、カウンターって何?
 ここで言うカウンターとは、キッチンカウンターのこと。キッチンとリビングダイニングが隣接しているとき、キッチン側からリビングダイニング側にせり出す台のことだ。
 このカウンターはできあがった料理を置くときに役立つ。ダイニングデーブルに並べる前、一時的に置く場所として重宝するわけだ。さらには、ちょっとした食事もできる。朝の忙しい時間帯、コーヒーとトーストだけなら、このカウンターですますこともできる。 そこで、多くの住宅でキッチンカウンターを設けるようになったのである。


なぜ、カウンター下収納が生まれたの?
 多くの住宅で設置されるキッチンカウンターだが、実際にはカウンターで食事する人は少ない。「ダイニングテーブルを置かず、カウンターだけ」という場合は利用するだろう。しかし、ダイニングテーブルがあれば、そちらを利用する。その場合、カウンターは料理を一時的に置く台として活躍することに……。だったら、カウンターの下部を収納棚として活用してもいいだろう、と生み出されたのがこのカウンター下収納なのだ。
 
 
カウンター下収納の長所と短所は?
258 カウンター下収納は、いろいろな形状がある。代表的なのは、縦横25cmほどの棚に区切り、奥行20cm程度の収納にするもの。扉付きにするケースもある。
 いずれにしろ、この収納があると、リビングが片付きやすい。読みかけの本や携帯電話、手紙などをちょっと置いておく場所として役立つからだ。
 ただし、この収納棚があると、カウンターで食事するときは支障が生じる。膝をぶつけやすいのだ。そのため、「ちょっとした食事の場としてカウンターを活用したい」と思うときは、収納が邪魔にならないサイズに収まっていること、もしくは収納なしを選んだほうがいいだろう。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2010年6月15日 (火)

Siセンサーコンロ

Blog_back060615

【NO.254】「Siセンサーコンロ」のウソ・ホント

Siセンサーコンロって何?
03 Siセンサーコンロとは、ガスコンロですべてのバーナーに最新のセンサーを付けたものを指す言葉だ。2009年4月以降、ガスコンロには最新の安全機能が搭載されるようになった。すなわち、調理油加熱防止装置、立ち消え安全装置、コンロ・グリル消し忘れ消化機能だ。
 このほか、鍋底が焦げ付き始めると、自動消火したり、チャイルドロックの機能、いきなり大きな火が出るのを防ぐ「中火点火」や鍋がないと点火しない鍋無し検知機能も付けられた。これらの機能により、安全性が飛躍的に向上したガスコンロがSiセンサーコンロなのである。
 ちなみに、Siが表すのは、三つの「S」と「i」=インテリジェント。三つの「S」は、Safety(安心)、Support(便利)、Smile(笑顔)。つまり、ガスの炎で料理する人にもっと安心して、便利に笑顔で料理して欲しいという思いが込められたネーミングである。


Siセンサーコンロの長所は?
 Siセンサーコンロの長所は、いうまでもなく、火災やガス事故の心配が減ること。天ぷら油を加熱したままうっかり長電話しても消火してくれるし、吹きこぼれで火が消えても自動的にガスがストップする。やかんを掛けたまま出かけても一定時間で自動消火してくれるからだ。実際、Siセンサーコンロでの火災例は出ていない。ちなみに、IHクッキングヒーターでは、天ぷら油の加熱による火災例が出ている。
 火災の心配なくコンロを使うことができること――それが、Siセンサーコンロの最大の長所といえる。
 
 
Siセンサーコンロに他の長所はないの?
 じつは、Siセンサーコンロにはもう一つ大きな長所がある。それは、コンロにセンサーが付くことにより、火力の微調整が可能になったことだ。
 もともとガスコンロには、加熱温度を一気に上げたり下げたりできる長所がある。この長所に微調整できるという長所が加わったため、「鍋でおいしいご飯を炊く」といった芸当もわけなくできるようになっている。まさに、インテリジェントを備えたコンロというわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2010年2月 9日 (火)

タイマー付きレンジフード

Blog_back060615

【NO.245】「タイマー付きレンジフード」のウソ・ホント

タイマー付きレンジフードって何?
245 レンジフードというのは、コンロの上を覆うように設置される大きなフタ状のもの。内部に換気装置が組み込まれ、効率よく煙や熱気を排出するための設備だ。
 レンジフードにはいくつかの機能が備えられている。換気扇の強弱を切り替えるスイッチと照明ーーこの二つは基本的にどのレンジフードにも備えられている。
 それに加え、近年広まり始めたのが、タイマー装置を備えること。換気扇の作動時間を設定できるタイマーを備える工夫だ。このタイマーを備えているのがタイマー付きレンジフードである。


タイマー付きレンジフードの長所は?
 タイマーのスイッチは、換気扇の強弱切り替えや照明のオン・オフ切り替えスイッチと並んで設置されるのが一般的。1分から6分程度まで、1分刻みで設定できるものが多い。
 このタイマーを使えば、設定された時間に換気扇が自動的に止まる。だから、寝る前や出かける前、もう少し換気扇を回しておきたい、というとき重宝する。それが、最大の長所である。
 
 
タイマー付きレンジフードに短所はないの?
 レンジフードのタイマーは、まちがいなく便利。それが付いていることで生じる不都合はない。
 むしろ、後で追加設置したくても、できないことーーそれが短所といえる。
 自宅のレンジフードにタイマーが設置されていない場合、タイマーの後付けは不可能。どうしても欲しければ、レンジフードを丸ごと交換しなければならないわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年10月27日 (火)

ガラストップ

Blog_back060615

【NO.238】「ガラストップ」のウソ・ホント

ガラストップって何?
238 住宅設備で「トップ」というと上部や表面のことを指す。カウンタートップといえば、台の表面のことを指すという具合だ。
 そこで、ガラストップというのは、表面をガラス素材で仕上げたという意味になる。現在、住宅設備でガラストップが多く採用されているのは、コンロにおいて。ガスコンロやIHクッキングヒーターでガラストップが多用されている。
 コンロに用いられるガラス素材は、耐熱性を高めた強化ガラス。キズも付きにくい材質になっている。


ガラストップの長所は?
 ガラストップの長所は汚れが付着しにくく、落としやすいこと。つまり、掃除が楽であることだ。
 ガラスは表面の凹凸が少なく、ツルツルであるため、清掃性が高まる。この長所を生かし、最初はIHクッキングヒーターの表面素材として利用された。次いで、ガスコンロにも採用されるようになり、利用が広まっている状況だ。
 
 
ガラストップに短所はないの?
 ガラストップは衝撃に弱く、キズが付きやすいと思われがち。が、通常の使用で割れるようなことはない。高熱でも変化しない。
 固いもので強くこすればキズは付くが、それはホーロー引きやステンレスなど他の表面素材でも同じこと。強くこすらないでも汚れが落ちるガラストップは、むしろキズが付きにくい素材ともいえる。
 残る短所は、他の素材より値段が若干高いこと。それでも、登場したばかりの時期よりもだいぶ値段が下がっており、求めやすくなっているのも事実である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年10月13日 (火)

タッチレス水栓

Blog_back060615

【NO.237】「タッチレス水栓」のウソ・ホント《会員リクエスト》

タッチレス水栓って何?
 今回は、読者からのリクエストにおこたえしてタッチレス水栓を取り上げる。
 キッチンのシンク(流し)に設置される混合水栓の最新版がタッチレス水栓だ。
 通常の混合水栓はシングルレバーの操作を左右に動かすことで湯温の調整ができ、上下に動かすことで水(お湯)の出す・止める=吐水・止水を操作する。
 この吐水・止水をレバーに触れることなく操作できるのがタッチレス水栓。では、レバーに触れずにどうやって操作するのか。
 以前は、足元のペダルで操作する方式があった。しかし、今はもっと簡便な方式が生まれている。それは、水栓金具の一部にセンサーを組み込むもの。このセンサー近くに手をかざす。すると、センサーが反応して吐水。もう一度センサー近くに手をかざすと止水するという仕組みである。
 手を触れず揺り動かすだけで吐水・止水を操作できる。だから、タッチレス水栓というわけだ。


タッチレス水栓の長所は?
 その長所は、調理中に使いやすいことだ。
 調理をすると、両手が汚れ、その両手を洗うために水を出したいということがある。水を出すためには、汚れた手でレバーに触らなければならない。すると、レバーが汚れ、レバー掃除の手間が増える。
 この手間及びジレンマを解消してくれるのがタッチレス水栓である。
 実は、この製品の一段階前にワンタッチ水栓というものがあった。これは、水栓金具の一部を軽く触れるだけで吐水・止水を操作できるというもの。肘や肩で触れるだけで済むので、両手が汚れているときも使いやすいという製品だ。
 タッチレス水栓は、このワンタッチ水栓の進化形なのである。
 
 
タッチレス水栓に短所はないの?
 タッチレス水栓は間違いなく便利だ。センサーの感度はよいし、タイムラグも少ない。手をかざすだけで、吐水・止水を操作できる。
 しかし、問題は値段。まだ出たばかりということもあり、水栓金具の中では高級品となっている。
 予算が許せば、設置したいキッチン設備である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年7月21日 (火)

ビルトインゴミ箱

Blog_back060615

【NO.231】「ビルトインゴミ箱」のウソ・ホント

231ビルトインゴミ箱って何?
 ビルトインは「組み込み」を意味する。システムキッチンや背後の収納棚にゴミ箱を組み込む——例えば、大きな引き出し式収納を引っ張り出すと、その内部にゴミ箱が収まっている。そのような状態になっているものがビルトインゴミ箱だ。
 ゴミを捨てるときは収納を引き出し、さらにゴミ箱のフタを開ける。外にゴミ箱があるときよりも面倒である。一方で、ゴミ箱が表に出ないのでキッチン内がすっきりして美しい。それが、ビルトインゴミ箱の第一の長所だ。


なぜ、ビルトインゴミ箱が広まっているの?
 見た目が美しい。それに加えて、ビルトインゴミ箱にはゴミ箱が邪魔にならないという長所もある。
 昨今はゴミを分別するのが当たり前になり、それに伴ってゴミ箱の数が増えている。燃やすゴミと燃えないゴミ、瓶・缶……自治体によって異なるが正しく分別するために複数のゴミ箱をが必要になるわけだ。そこで、複数のゴミ箱やゴミ袋をキッチン内に置く家庭が増えている。
 丁寧な分別はよいことなのだが、ゴミ箱が増えるのは正直言ってうれしくない。邪魔である。そこで、注目されるのが、複数のゴミ箱をビルトインする方式なのである。
 
 
ビルトインゴミ箱に短所はないの?
 ビルトインすれば、複数のゴミ箱があってもすっきりする。が、問題はビルトインするスペースがあるかどうか。キッチンが狭く、収納スペースが小さい場合、ゴミ箱をビルトインしたくてもできないケースがある。
 また、ビルトインしても小さなゴミ箱しか収められない場合、使い勝手がわるいという問題も起きる。
 ゴミ箱をビルトインする場合も、ゴミの量を減らす工夫が求められることになるわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2009年5月26日 (火)

冷蔵庫置き場

Blog_back060615

【NO.227】「冷蔵庫置き場」のウソ・ホント

冷蔵庫置き場って何?
 現在の住宅では、キッチン(台所)に冷蔵庫置き場が設けられるのが普通だ。それがどこかを探す際に目印になるものがある。
 それは、高所に付けられたコンセント。通常のコンセントは床面に近い場所に設けられる。床から20〜50cm程度の所に設置される。
 これに対し、冷蔵庫用のコンセントはずっと高い場所に付けられる。床面から1m50cm程度の高さだ。高い位置に設定されるのは、冷蔵庫を置いた後でも、コンセントの差し込みや点検がしやすいように。点検して、ホコリがたまっているようなら、外して掃除をする。この作業をしやすくするため、高所に配置されるわけだ。
 住宅によっては、このほか天井に換気口が設けられることもある。冷蔵庫が出す熱気を外に追い出すための工夫だ。
 これらによって、冷蔵庫置き場の位置が分かりやすくなるのである。


冷蔵庫置き場の注意点は?
 住宅探しなどで、冷蔵庫置き場の位置が分かったら、次に行うのは冷蔵庫が置きやすいかどうかの確認。調理をするときに使いやすい場所になっているかどうか。そして、手持ちの冷蔵庫を置いて不都合がないかも確認したい。
 というのも、冷蔵庫のドアの開き方によっては「この場所に置くと使いにくい」ということがあるからだ。ドアが右開きの冷蔵庫だと具合がわるい。左開きでないとまずい——そんなことがあるわけだ。
 また、大型の冷蔵庫を持っている場合、設定された冷蔵庫置き場にはうまく収まらない、というケースもある。家探しでは冷蔵庫置き場も重要なチェックポイントになるわけだ。
 
 
冷蔵庫置き場がない場合は?
 古い住宅では、冷蔵庫置き場が設定されていないことがある。その場合は、使いやすい場所を冷蔵庫置き場と定め、適当な所から電気を引いていることになる。それでも問題は起きないが、電気コードが床をはう場合、足でうっかりコンセントを抜かないように気をつける必要がある。注意といえば、それくらいである。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

200回記念「私が好きな設備ベスト5」

Blog_back060615

【NO.200】200回記念「私が好きな設備ベスト5」

最も気に入っているのはお風呂の床
2001 最近の住宅設備のなかで、私が最も気に入っているのはシステムバスに設置される「乾きやすい床」。カラリ床の商品名でも有名な設備である。
 乾きやすいから滑らないし、カビも発生しにくい。断熱性も高いので、冬もヒヤッとしないなど長所が多い。
 この設備、実際に使ってみると長所を肌で感じることができ、耐久性も高い。まったくもって言うことナシの優等生設備である。


小さな装置だが、リッチさを生む仕掛け
 次に気に入っているのはブルモーション。このサイトでも項目をあげて解説しているので、詳しくはそちらを。
 こちらも、体が小さく、シンプルな構造なのに効果が大きい。どんどん広まっていって欲しい設備である。


システムキッチン天板の決定版
 システムキッチンの天板(カウンター)の素材にはステンレスと人造大理石がある。ここに、最近ニューフェイスが登場した。それは、人造大理石の一種で、砕石の比率を高めたもの。自然の大理石などを細かく砕き、それを多く含ませた人造の石材というわけだ。
 その長所は、見た目が自然の石に近く、ムードがよいこと。そして、自然の石よりも加工しやすく、柔らかさもあるため食器を傷つけにくいこと。自然と人造の長所を兼ね備えた素材となっている。


デザイン性を高めたキッチン設備
2002 ピピッとコンロ+do GRILLER(プラス・ドゥ グリレ)のように、デザインのよいコンロもお気に入り設備の一つだ。詳しくは、特集記事「そこが知りたかった!第6回」を。


少し高いが、憧れの設備
2003 値段は高いが、いつかは欲しいと思うのは、タンクのないトイレ。タンクレストイレの商品名で知られる設備だ。
 この設備、初期のものは洗浄能力の面で不満があったが、今の製品は問題ない。
 なにより、美しいし、トイレ空間がノビノビするメリットも大きい。一度このトイレを使うと、タンクを背負ったトイレには戻れないと思う。それくらい魅力的な設備だ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)