« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

持家の住宅で、壁に穴をあけることに対して、あなたのご意見に最も近いものをお選びください

■第146回リアルタイム投票受付開始。

持家の住宅で、壁に穴をあけることに対して、あなたのご意見に最も近いものをお選びください
(実施期間:2/28〜3/12)

1 - 絶対に穴はあけたくない
2 - 画鋲程度の大きさまでなら容認できる
3 - ネジや釘を打つことも問題ない


投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

|

2012年2月21日 (火)

オート水洗

Blog_back060615

【NO.296】「オート水洗」のウソ・ホント《会員リクエスト》

オート水洗って何?
 オート水洗とは、オート洗浄とか自動洗浄ともよばれ、トイレで用を足した後で自動的に水が流れる仕組みを指す。
 センサーで入室と退出を感知し、人が出ていった後に必ず便器の水が流れるようになっている。それが、オート水洗だ。レバー操作で水を流す場合、大・小を流し分けできるが、オート水洗では、そこまでの“感知”は無理。一律に大の水量となるのが普通だ。
 デパートやホテルに設置されるオート水洗の場合、反応が早く、便座に座ったまま体を揺り動かすだけで水が流れることもある。しかし、家庭用の場合、そんなに簡単には水が流れない。トイレから出て、ドアを閉めた直後に水が流れるようなタイミングだ。


オート水洗の長所は?
 オート水洗の長所はズバリ手間が省かれること。といっても、わざわざ省くほどの手間ではないとも考えられる。しかし、実際には他の機能もオート化されており、総合的な便利さがある。
 たとえば、トイレに入った瞬間にベンフタが開き便器の消臭機能が動く。水を流したあとに、ベンフタや便座が降りて、便座の保温・節電を行うといった具合。いろいろな動きを自動化し、そのなかの一つがオート水洗となるわけだ。
 
 
オート水洗に短所はないの?
 オート水洗は、基本的に便座一体型でタンクレス仕様の便器に採用される機能だ。つまり、この機能を利用したいと思えば、値段の高い便器を買わなければならないということ。それが、短所といえるだろう。
 もう一つの短所は、小さな子供の場合、センサーが反応せず、流れないということがまれに起きる。また、オート水洗に慣れると、通常の便器で流し忘れという失敗をを犯しやすい。特に小さな子供は忘れやすい。
 以上が、実際にオート水洗の便器を自宅で使っている私の感想である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2012年2月14日 (火)

災害用の非常持出袋を用意していますか?

■第145回リアルタイム投票受付開始。

災害用の非常持出袋を用意していますか?
(実施期間:2/14〜2/27)

1 - 用意している。中身も完璧
2 - 用意してあるが、中身の見直しが必要
3 - 用意していなかったので、揃えようと思っている
4 - 用意していない。用意する予定もない


投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

|

2012年2月 7日 (火)

レインシャワー

Blog_back060615

【NO.295】「レインシャワー」のウソ・ホント《会員リクエスト》

レインシャワーって何?
295 レインシャワーとは“雨シャワー”を意味し、雨が降るようにお湯が落ちてくるものを指す。通常のシャワーは水圧がかかって勢いよくお湯が出てくる。これに対して、レインシャワーは勢いがない。そのため、浴室の天井に噴出口が固定され、上から落ちてくるお湯を下で浴びる形式になる。
 レインシャワーを設置するときは、通常のシャワーも設置される。体を洗うときは通常のシャワーを使い、最後にレインシャワーを浴びる——そういう使い方をする特殊なシャワーである。


レインシャワーの長所は?
 レインシャワーは柔らかなお湯のシャワーである。これを浴びると、ストレス解消の効果が大きいとされる。私の印象では、ストレス解消よりも癒し効果が大きい。ホッとする、やさしい気持ちになれる。そんな効果が、レインシャワーの特性だと考えられる。
 
 
レインシャワーに短所はないの?
 レインシャワーの設置例は少ない。都心部の超高級マンションに設置されている。以前は、三井不動産レジデンシャルの高級物件にのみ設置されていたが、近年は他不動産会社の物件でも見られるようになった。
 当初は天井に設置される噴出口が巨大な円盤状で、大がかりな設備だった。しかし、今はコンパクトになり、設置しやすい印象。しかし、まだ高価なのだろう、一部のマンションにしか採用されていない。憧れの設備といったところか。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »