« ご自宅に消火器を設置していますか? | トップページ | 冷蔵庫の機能で嬉しい(気になる)ものは? »

2011年10月11日 (火)

マンホールトイレ

Blog_back060615

【NO.287】「マンホールトイレ」のウソ・ホント

マンホールトイレって何?
287 東日本大震災以降、マンションの防災設備に対する関心が高まっている。マンホールトイレも、災害時に役立つように、と考え出された緊急備品のひとつだ。
 大地震の後、断水が起きると、多くの水洗トイレが使用不可となる。
 下水道に被害がなくても、上水道が途切れると水洗トイレは水を流すことができず、使えなくなってしまうのだ。
 そうなると、避難所の簡易トイレなどを使うことになる。この簡易トイレは、大きなタンクの中に汚物を溜める方式で避難者の評判がわるい。「トイレが汚くて、便秘になってしまった」という声が多いのだ。
 下水は生きているのに、上水道が断水しているために水洗トイレが使えない。そんな事態でも、なんとか普段と変わらぬトイレが使えるようにならないか、と考え出されたのが、このマンホールトイレなのだ。
 今は、分譲マンションでこのマンホールトイレを備えているところがある。管理棟の前にあるマンホールがトイレ用で、万一の災害時にはその上に設置する。そのように、災害への備えを行っているわけだ。


マンホールトイレの利用法は?
 その内容は、簡単な洋式便器と1人用のテントで成り立つ。
 まず、下水マンホールのフタを開ける。開けるのは直径30センチくらいの小さなフタだ。フタを開けたら、その上に簡易便器をセットする。便器に腰掛けて用をたすと、直接下水に落ちるようにするわけだ。続けて、便器を小さなテントで囲う。「着替え用テント」と同じような縦長のテントである。
 これで、マンホールトイレが完成。テントの中で安心して清潔な洋式トイレを利用できることになる。
 
 
マンホールトイレに短所はないの?
 マンホールトイレは、下水に糞尿を流すという意味では水洗トイレと同じ。しかし、「使用後に水を流す」ということはしない。だから、正確には水洗トイレとは言いにくい。災害時に多くの人が使えば、汚れることもあるだろう。
 あくまでも非常時に役立つ簡易型トイレである。
 なお、このマンホールトイレは、すべてのマンションに用意されているわけではない。まだ、一部のマンションにしかない。それも短所といえるだろう。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615


|

« ご自宅に消火器を設置していますか? | トップページ | 冷蔵庫の機能で嬉しい(気になる)ものは? »