« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

シャトルバス

Blog_back060615

【NO.284】「シャトルバス」のウソ・ホント

シャトルバスって何?
284 シャトルバスは、二つの地点を往復運行するバスのことを指す。マンションの場合、マンションエントランスから最寄りの駅まで往復する中型もしくは小型バスになるのが一般的だ。
 途中で止まることなく、マンションー駅間を行き来する。この往復バスをマンション専用として運行させ、乗ることができるのはマンション居住者と、マンションの来訪者のみ。マンションの近所に住んでいる人は乗車できない。あくまでも、マンション居住者と、マンションを訪ねてきた人のために運行されるバスである。


シャトルバスの長所は?
 シャトルバスが設置されるのは、駅から離れたマンション。駅までバスを使う立地のマンションで、駅から遠い不便さを解消するために運行される。
 朝と夜の通勤時間帯は、駅とマンションを直結。しかし、昼間の時間帯は、マンションー駅の間に、スーパーマーケットに寄ったりする。買い物バスとして利用できるケースもあるわけだ。
 実際にシャトルバスに乗ってみると、想像以上に便利。通勤時間帯は途中停車しないので、所要時間が短い。駅周辺が混雑する場合、比較的空いた道を通り、混雑エリアの手前で降車できるようになっている。電車で通学する小中学生も、安全にマンションまで帰ってくることができる。
 
 
シャトルバスに短所はないの?
 シャトルバスの利用料は、無料もしくは1回50円とか100円程度。無料の場合は、毎月払う管理費のなかから運営費用が捻出される。そのため、ある戸数の多い大規模マンションでないと、維持できないサービスでもある。
 どんなマンションにも採用されるわけではないこと――それが短所の一つ。そして、設置された場合も、利用者が少ないと維持できなくなり、廃止される可能性がある。それも、短所というか不安点といえるだろう。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615


|

2011年8月23日 (火)

毎月のクリーニング代にいくらぐらい使っていますか。

毎月のクリーニング代にいくらぐらい使っていますか。

■第133回リアルタイム投票受付開始。

毎月のクリーニング代にいくらぐらい使っていますか
(実施期間:8/23〜9/5)

1 - 0〜1000円
2 - 1000円〜2000円
3 - 2000円〜3000円
4 - 3000円〜4000円
5 - 4000円〜5000円
6 - 5000円以上


投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

|

2011年8月16日 (火)

ママラウンジ

Blog_back060615

【NO.283】「ママラウンジ」のウソ・ホント

ママラウンジって何?

283b

 マンションのラウンジとは共用施設の一つとして設置され、「マンション居住者が気軽に集まって話ができる場所」を指す。エアコンの効いた屋内に配置されることが多く、ソファやベンチ、テーブルなどが置かれて、居住者ならば誰でも無料で利用できるようになっている。
 そのなかで、ママラウンジと呼ばれるのは、子育て中の主婦が集まりやすいように工夫された場所を指す。たとえば、キッズルームの横やランドリールームの横など。子育てや家事の最中に、ちょっと座って主婦同士が話できるようになっている場所——そんなスペースがママラウンジと呼ばれている。

ママラウンジの長所は?
 ママラウンジは、日常生活のなかで利用しやすいように設置される。それが最大の長所といえる。たとえば、小さな子供をキッズルームで遊ばせるとき、母親は手持ちぶさたとなりがち。大型のコインランドリーがあるランドリールームでタオルケットなどを洗濯するときも、主婦には待ち時間が生じる。この“暇な時間”を楽しく過ごせるように、と考えて設置されるわけだ。
 屋内なので、雨の日や夏の暑い日も集まりやすい。そのため、利用する人が多い共用施設でもある。
 
 
ママラウンジに短所はないの?
 ママラウンジがあると、重宝する。しかし、いずれ利用されなくなるかもしれない、という不安があるのも事実。キッズルームで子供を遊ばせる主婦は多い期間は併設されるママラウンジの利用頻度も高いだろう。しかし、子供が大きくなると、キッズルームの利用度は下がる。それと同時にママラウンジの利用者も少なくなる可能性があるわけだ。
 しかし、ママラウンジに特別な設備はない。広めのスペースにソファ、ベンチ、テーブルなどが置かれているだけ。そのため、利用者が少なくなれば、ソファ類を撤去し、別の利用法を考えればよい。
 転用がしやすいわけで、それもまたママラウンジの長所といえる。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2011年8月 9日 (火)

あなたのご自宅のテレビは地デジ対応をしていますか?

■第132回リアルタイム投票受付開始。

あなたのご自宅のテレビは地デジ対応をしていますか?
(実施期間:8/9〜8/15)

1 - すべて地デジ対応済み
2 - 一部地デジ対応済み
3 - まったく地デジ対応していない
4 - もともとテレビを持っていない


投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

|

2011年8月 2日 (火)

ソフトクロージングのドア

Blog_back060615

【NO.282】「ソフトクロージングのドア」のウソ・ホント

ソフトクロージングのドアって何?
 ソフトクロージングとは、「柔らかく閉まる」という意味。工夫を凝らして、閉めるときのバタンを言う音を減らしているもの——それがソフトクロージングのドアだ。この衝撃音を減らすため、クッション材を入れる方法が従来からあった。引き戸の場合はゴム材を、洋風開き戸の場合、枠にスポンジ素材を入れ、衝撃音を減らすわけだ。しかし、それらは、ソフトクロージングとは呼ばれない。
 ソフトクロージングと呼ばれるのは、ブルモーションなどの装置をレールやドア枠に組み込み、キッチンの引き出しがゆっくり閉まるのと同様の動きにしたもの。ドアが閉まる直前にブレーキが掛かり、引き込まれるように静かに閉まる。そういう動きになるのが、ソフトクロージングのドアである。


ソフトクロージングのドアの長所は?
 ドアをソフトクロージングにすると、閉まるときの衝撃音が減る。ほとんど無音で閉まる。静かであるため、夜中も寝ている人を起こさないですむ。そして、ドアの傷みが少ないというメリットもある。ドアにかかる負担が減るためだ。この長所は、次の項目で紹する最新傾向でより顕著となる。
 
 
ソフトクロージングのドアの最新傾向は?
 最近は廊下からLDに入るときのドアをソフトクロージングにするケースが出てきた。そこは、住戸内で最も立派な室内ドアが設置される箇所だ。
その立派な室内ドア(引き戸ではなく、通常の洋風開き戸になっていることが多い)にソフトクロージング機構が仕込まれるのだ。
仕組みは、観音開きの収納扉と同様。バタンと閉まる寸前にソフトクロージングの装置が作動。ドアをゆったりと収めてくれるようになっている。
LDのドアは、バタンと閉まりやすい。窓を開けて風を入れているとき、ときおり強い風が入ってドアを襲うことがあるからだ。そのドアが室内ドアのなかで最も重たいため、大きな音を立てて閉まることに。その「重く、風で閉まりやすいドア」に、ソフトクロージングにするのは理にかなっている。これから増えてゆくと思われる工夫だ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »