« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月26日 (火)

ここ10年間で「もっとも進化したな」と感じるキッチンの設備は次のうちどれですか?

■第131回リアルタイム投票受付開始。

ここ10年間で「もっとも進化したな」と感じるキッチンの設備は次のうちどれですか?
(実施期間:7/26〜8/8)

1 - システムキッチン
2 - ディスポーザー
3 - ガスコンロ
4 - IHクッキングヒーター
5 - 食器洗い乾燥機
6 - その他

投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

|

2011年7月19日 (火)

キッチンディバイダー

Blog_back060615

【NO.281】「キッチンディバイダー」のウソ・ホント

キッチンディバイダーって何?
 キッチンディバイダーとは、対面式キッチンでコンロ前に設置される仕切りのこと。強化ガラス製のものが多く、ガラスで壁をつくってしまう場合と低い柵のようにするケースがある。
 このうち、最近人気が高いのはガラスで柵をつくる形式。柵といっても、小さなもので高さは25〜30センチ程度。コンロの横幅と同じくらいの幅でコンロとLDを仕切るように設置されるものである。


キッチンディバイダーの長所は?
 キッチンディバイダーを設置する目的は、安全対策と汚れ防止のため。オープン型キッチンの場合、コンロがLD側にむき出しになりやすい。その場合、火災の危険性があるし、油汚れが飛び散る可能性もある。が、だからといって、視界を遮る防火壁を設けると、せっかくの開放感が損なわれる。そこで、強化ガラスのキッチンディバイダーを設置し、安全確保と汚れ防止を計るわけだ。
 
 
キッチンディバイダーに短所はないの?
 キッチンディバイダーは、見た目もお洒落。ステキなLDKを演出できる。が、背の低い柵のようなキッチンディバイダーは、油はねを完全に防ぐことはできない。野菜炒めをつくるときは、フライパンから飛び出した野菜が柵を越え、LD側に侵入することもある。
 また、ガラスが温まりやすいという短所もある、
 さらに、油汚れが付くと気になるので、掃除回数が増えがち。きれいな設備だけに、汚れが気になってしまうわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

2011年7月12日 (火)

そろそろ新製品に買い替えたいと思っている住宅設備は?

■第130回リアルタイム投票受付開始。

そろそろ新製品に買い替えたいと思っている住宅設備は?
(実施期間:7/12〜7/25)

1 - システムキッチン
2 - トイレ
3 - お風呂
4 - 冷蔵庫
5 - エアコン
6 - その他
7 - 買い替えたいものはない

投票はこちらから!!
バックナンバーはこちらから
リアルタイム投票のリクエストはこちらから

Blog_back060615

|

2011年7月 5日 (火)

水ミスト

Blog_back060615

【NO.280】「水ミスト」のウソ・ホント

280水ミストって何?
水ミストとは、ミスサウナに付随する機能のひとつ。
温水のミストではなく、水道水を加熱せずにミストとして噴霧するものだ。ミストサウナのうち、スプラッシュミスト(たっぷりミストが吹き出し、びちゃびちゃになるもの)に付随し、「水ミスト」と書かれたボタンを長押しすると生じる機能である。


水ミストの長所は?
その効用は、涼しくなること。通常の温水ミストサウナでのぼせそうなときに利用できるし、真夏の屋外活動でほてった体のクールダウンさせたいときも有効だ。
同様にクールダウンできるものに水シャワーがある。が、水シャワーは刺激が強く、心臓麻痺を起こすのではないかと不安になるほど。これに対し、水ミストは微細な粒で水が噴霧されるため、肌に当たった感触がマイルドで冷たすぎない。
そのため、真夏のクールダウン利用に効果的。エアコンで体を冷やすより省エネといえる。
 
 
水ミストに短所はないの?
 短所としては、設置例が少ないこと。ミストサウナのすべてに水ミスト機能が付いてるわけではない。スプラッシュミストで、しかも比較的新しい機種でないと付いていないのが実状である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »