« 「緊急地震速報システム」を家に導入したいですか? | トップページ | 震災を機に自宅の地震対策強化をしましたか? »

2011年5月10日 (火)

フロアストッカー

Blog_back060615

【NO.276】「フロアストッカー」のウソ・ホント

フロアストッカーって何?
 システムキッチンに採用される「フロアストッカー」は“床収納”ではなく、床面近くに設置されるスライド(引き出し)収納のことを指す。
 従来、システムキッチンの最下部は台座になっていた。台座の高さは10cm程度あり、かなりのスペースをとっていた。この部分を収納スペースとして活用しよう、と考え出されたのがフロアストッカー。システムキッチンの最下部——床面ギリギリにスライド収納が設置され、浅い引き出しとして活用されるのである。


なぜ、フロアストッカーが増えたの?
 フロアストッカーは浅い引き出しだが、面積は広い。500ミリリットルの缶ビールを立てて並べることができるサイズだ。用途は限られるが、逆に缶ビールや缶ジュースを立てて保管する場所としては重宝する。
 その缶ビール、缶ジュース類は保管場所に困ることがあった。それらの保管場所としてちょうどよいこと——それが、フロアストッカーが増えている理由だ。
 
 
フロアストッカーに短所はないの?
 フロアストッカーは間違いなく便利な収納スペースだ。床面近くにあるため、出し入れしやすいとはいえないが、缶ビール類を置くのなら不自由さはない。
 ただし、既存のシステムキッチンに後付けすることはできない。フロアストッカーを設置したシステムキッチンでなければ、その便利さを享受することができない。それが、欠点というか残念な点である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 「緊急地震速報システム」を家に導入したいですか? | トップページ | 震災を機に自宅の地震対策強化をしましたか? »