« 今一番欲しい住宅関連の設備は以下のうちどれですか? | トップページ | iPadを操作したことがありますか? »

2011年2月15日 (火)

布団クローゼット

Blog_back060615

【NO.271】「布団クローゼット」のウソ・ホント

布団クローゼットって何?
271 それは、洋室に設けられるクローゼットで、奥行を深くした収納スペースに対する呼び名だ。奥行の深い収納にしているのは、掛け布団をしまえるようにしているためだ。
 夏の間、分厚い冬用の掛け布団をしまうため、奥行を深くし、クローゼットの中間に広い棚板を設ける。この棚板に、家族全員の掛け布団を重ねてしまうわけだ。
そのため、布団クローゼットが設置されるのは子供部屋や主寝室以外の洋室。例えば、リビングの横に書斎や趣味の部屋として使える洋室がある場合、その部屋の収納が布団クローゼットになりやすい。


なぜ、布団クローゼットが生まれたの?
 昭和の時代まで、冬用の掛け布団は、和室の押し入れにしまった。昭和時代まで、戸建てでもマンションでも、必ず一部屋は和室があり、押し入れが付いていた。その押し入れを活用していたわけだ。
 しかし、平成に入ったあたりから、和室がなくなり始め、今はすべて洋室で構成される住宅が増えてしまった。
 そこで、和室の押し入れに代わる収納として、布団クローゼットが生まれたのである。押し入れの代わりだから、かつて和室のように、「家族全員が使う洋室」の収納に設置されやすくなっている。
 
 
布団クローゼットに短所はないの?
 布団クローゼットは、まだ生まれたばかりなので、不満の声は上がっていない。が、強いて短所を探すと、奥行を深くしているため、他のものをしまう場合、スペースが余ってしまうこと。段ボール箱を奥に押し込むと手前にスペースが生まれる。そこにも段ボール箱を置くと奥の箱を出しにくくなる。そういう短所がありそうだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 今一番欲しい住宅関連の設備は以下のうちどれですか? | トップページ | iPadを操作したことがありますか? »