« 浴室・洗面所で気になることは? | トップページ | プロのお掃除サービスについて »

2010年8月24日 (火)

浴室リモコン

Blog_back060615

【NO.259】「浴室リモコン」のウソ・ホント

浴室リモコンって何?
 浴室リモコンとは、浴室内の壁に設置された操作盤のこと。お風呂のお湯張りや追い焚き、湯温調整などを行うためのものだ。
 リモコンとは遠隔操作機のこと。浴室内にあれば、それは「遠隔」ではないと思うかもしれない。しかし、昭和50年代まで、お風呂をわかすときは浴室外の釜に点火していた。外の熱源機を直接操作していたわけだ。
 それに対し、浴室内で外の熱源機を操作できるのは「遠隔=リモコン」にあたる。だから、浴室内の操作盤を浴室リモコンと呼ぶわけだ。


セットになる台所リモコンとは?
 現代の住宅では、浴室リモコンとは別にもう一つリモコンを設置するのが一般的になっている。
 もう一つのリモコンはキッチン=台所に設置される。そのため、台所リモコンと呼ばれている。
 台所リモコンは、家事を楽にするために生み出された。台所仕事をしながら、お風呂に点火する。その手間を省くために設置されたのだが、台所リモコンのメリットはそれだけではない。
 
 
リモコンは2機必要なの?
 浴室リモコンと台所リモコンの二つを設置することで生まれるメリット——それは、二つのリモコンを使って双方向通話ができることだ。
 まず、お風呂が沸いたことを台所のリモコンを通して知らされる。
 次に、入浴している最中、外の家人と会話ができる。たとえば、「石けんがなくなったので、持ってきて」とか「そろそろ子供が上がるよ」といったことを知らせることができるわけだ。
 現代のお風呂は機密性が高いため、浴室内で叫んでも外に聞こえないことが多い。特に、リビングでテレビを見ているときなどは聞こえにくい。そんなときも、二つのリモコンがあれば、話が通じやすいというわけである。

Index_01_ph02

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 浴室・洗面所で気になることは? | トップページ | プロのお掃除サービスについて »