« 浴室換気乾燥機について | トップページ | 夏の省エネ対策。効果が高いと思うものは? »

2010年7月13日 (火)

ヘアキャッチャー

Blog_back060615

【NO.256】「ヘアキャッチャー」のウソ・ホント

ヘアキャッチャーって何?
 ヘアキャッチャーとは、髪の毛などのゴミを取り除きやすくする簡単な装置だ。それは洗面台の洗面ボウル=洗い場の排水孔にはめ込まれる。排水孔には、必ずフタが設置される。フタを閉めれば、洗面ボウルにお湯を溜めることができる。そのためのフタだ。
 そのフタを引っ張り出すと、下部にプラスチック製のネットが一体化して付いている。このネット部分で髪の毛などのゴミを捕まえる仕組みである。


ヘアキャッチャーの長所は?
 ヘアキャッチャー長所は、ズバリ掃除の手間を半減させることだ。
 洗面ボウルには髪の毛が落ちやすい。落ちた髪の毛をそのまま流すと、排水孔が詰まる原因に。そこで、排水孔には、以前からネット状のものを設置していた。
 しかし、従来のネットは使い勝手がよくなかった。髪が絡みつきやすく、それを取り除くのが一仕事だった。そこで、ヘアキャッチャーは髪の毛を捕まえやすく、取り除きやすい形状になっている。
 ヘアキャッチャーを引っ張り出し、ゴミ箱の縁にトントンと軽く当てれば、すんなり髪の毛などのゴミが落ちてしまう。
 直接ゴミをつまむことなく、簡単に取り除くことができる。それが、ヘアキャッチャーの長所なのである。
 
 
ヘアキャッチャーに短所はないの?
 使った人の評価はとてもよい。使い勝手はとてもいいわけだ。
 あえて短所を探すと、「後付けができない」ということだろうか。既存の洗面台に、ヘアキャッチャーだけを取り付けたいと思っても、ヘアキャッチャーだけでは売っていない。「洗面ボウルのフタを閉める」という動作も兼ねるため、「どんな洗面台にも設置可能」というヘアキャッチャーを開発できないためと思われる。
 そのため、ヘアキャッチャーを使いたいという場合、洗面台を丸ごと交換しなければならない。それが残念な点である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 浴室換気乾燥機について | トップページ | 夏の省エネ対策。効果が高いと思うものは? »