« 空間の照度を調整できる「調光」システムは高額物件で導入例が多くあります。あなたの必要性はどの程度ですか? | トップページ | ブロードバンド利用料込みの賃貸住宅の賃料は、通常のいくら増しでもいいですか? »

2010年4月 6日 (火)

指紋跡が付きにくい鏡

Blog_back060615

【NO.249】「指紋跡が付きにくい鏡」のウソ・ホント

指紋跡が付きにくい鏡って何?
249 洗面所に設置される三面鏡タイプの鏡は「ポップアップ式」になることが多い。ポップアップ式というのは「鏡の下端を軽く押すと、鏡が浮き、開きやすくなる」という仕組みのこと。鏡の裏が棚になっているため、ポップアップ式で開けやすくしてあるわけだ。
 ポップアップは便利な方式。しかし、短所がある。それは、鏡の下部を指で押すため、鏡に指紋跡が残ってしまうことだ。
 この指紋跡が残らないように、と考え出されたのが、「指紋跡が付きにくい鏡」。具体的には、「指で押す」部分にステンレス板を小さく設置する。ステンレス板は、ブラシ加工され、キズや指紋の跡が目立たないようになっている。
 ポップアップさせるときはステンレス板を押し、開くときもその部分に手を掛ければ鏡面に指紋が残りにくいというわけだ。


指紋跡が付きにくい鏡の長所は?
 ある不動産会社がマンション居住者にアンケートを行ったところ、「鏡を直接触ると指紋の跡が付く。それが気になるし、拭き取るのも面倒」という声が多かったそうだ。
 そのアンケート結果から生み出されたのが、「指紋跡の付きにくい鏡」。つまり、指紋跡が付きにくいことで掃除の手間を減らすこと。それが、最大の長所なのである。
 
 
指紋跡が付きにくい鏡に短所はないの?
 実際に、使ってみると、確か指紋跡は付きにくい。しかし、完全に防止できるわけではない。ステンレス板が小さめのため、指がはみ出しやすいのだ。かといって、ステンレス板を大きくするとき、見た目が野暮ったいし、鏡の面積が狭くなるといった弊害が生じてしまう。
 指紋が付かないように注意して使う心構えも必要ということだろう。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 空間の照度を調整できる「調光」システムは高額物件で導入例が多くあります。あなたの必要性はどの程度ですか? | トップページ | ブロードバンド利用料込みの賃貸住宅の賃料は、通常のいくら増しでもいいですか? »