« 冬のボーナスの使い道は? | トップページ | 太陽光発電をしている賃貸住宅とそうでないものではどちらに住みますか? »

2009年11月24日 (火)

外部水栓

Blog_back060615

【NO.240】「外部水栓」のウソ・ホント

外部水栓って何?
 外部水栓は、屋外にある水道栓全般を指す。例えば、戸建て住宅の庭にある水道の蛇口——それが、外部水栓の代表例だ。
 マンションのバルコニーで、壁に蛇口が設置されていれば、それが外部水栓ということになる。
 外部水栓は、基本的に水だけが出る。お湯が出るようになっているのは海辺のマンションで足洗い場を設けたり、ペットの足洗い場のために設けられるといったときだけ。普通はお湯は出ず、水だけが出る。そして、ホースを接続しやすい形状になっているのが一般的だ。


外部水栓の長所は?
240 外部水栓は庭の植物やバルコニーに置いた鉢植えに水やりをするために設置される。もちろん、土いじりで汚れた手や道具を洗うときにも便利。戸建て住宅では洗車時にも利用できるし、子どもの水遊びにも使える。水やりや洗車のときに便利なようにホースをつなぎやすくなっているわけだ。
 この外部水栓がなくても水やりや洗車はできる。台所や風呂場からバケツで水を運んだり、長いホースをつなげばよいからだ。
 しかし、バケツで水を運ぶと手間がかかるし、床が濡れる。そのような弊害をなくす上で、外部水栓は有効となる。
 
 
外部水栓の最新傾向は?
 マンションの場合、外部水栓は流しと一緒に設置されることが多かった。水栓と流しを合わせて、スロップシンクと呼ぶ。
 ところが、最近のマンションではこの流しをはずし、外部水栓だけを設置するケースが増え始めた。バルコニーの床は防水施工されているため、外部水栓から出た水を床に流しても支障がない。
 そして、小型の金具を使うことにより、外部水栓が目立たないようにする。それで、施工費用が削減できることもあり、このような目立たない外部水栓が増え始めているのである。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 冬のボーナスの使い道は? | トップページ | 太陽光発電をしている賃貸住宅とそうでないものではどちらに住みますか? »