« 普段どんな「水」を飲んでいますか? | トップページ | バルコニーの物干し以外の活用方法は? »

2009年9月29日 (火)

折り戸式サッシ

Blog_back060615

【NO.236】「折り戸式サッシ」のウソ・ホント《会員リクエスト》

折り戸式サッシって何?
 今回は、読者からのリクエストにおこたえして、折り戸サッシについて取り上げる。
 リクエストでは、カフェにあるアコーデオンのようなサッシを住宅にも設置できないか、という質問だった。カフェで見るサッシは、すき間もあり、住宅には不向き。そこで、住宅に設置できる折り戸式サッシのことを書きたい。
 マンション、戸建て住宅に設置されるアルミサッシには、いろいろな形状のものがある。「折り戸式」もその一つ。カフェで見かけるアコーディオン式に近い窓のことだ。
 もしくは、お風呂の入り口に設置される二つ折れのドア……その形式を採用した窓といえばおわかりいただけるだろうか。かなり特殊な窓である。
 外国のカフェで使われるのは、ガラス戸1枚1枚が細長いもの。しかし、住宅に採用される折り戸は、1枚1枚が幅広になっている。住宅用のサッシは気密性を高くし、風の日もガタつかないようにしなければならない。そのため、1枚1枚が大きく頑丈になってしまうのである。


折り戸式サッシの長所は?
 折り戸式サッシの長所は、窓を開け放したいとき、開口部が大きくなること。例えば、幅2mの窓に、一般的な引き違い窓を設置したとしよう。その場合、開口部は最大で窓幅の半分。全体の幅が2mの場合、その半分の幅1m程度しか開かない。しかし、折り戸であれば2m近くまで開けることができる。
 加えて、見た目がお洒落であることも、折り戸の長所だ。
 
 
折り戸式サッシに短所はないの?
 折り戸式サッシを採用した場合、まず問題になるのは網戸。特殊な開き方をするため、窓の外側に網戸を設置できない(設置すると、窓を開けるときにぶつかる)。そこで、内側にプリーツ網戸を設置することになる。
 次の問題点は、値段が高いこと。折り戸は窓枠に大きな重さがかかるため、窓枠を頑丈にしなければならない。ガラス戸も特殊な形状のため、サッシの値段が高くなってしまうのだ。
 同じ理由で、ガラス戸のサイズが限られる。背の高いガラス戸を採用すると、重量が増し、窓枠への加重が大きくなりすぎる。だから、高さ180cm程度までのガラス戸になるのが普通。ハイサッシの窓には設置しにくいわけだ。
 それらの問題があるため、マンションや戸建て住宅での採用例は少ないのが実状だ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 普段どんな「水」を飲んでいますか? | トップページ | バルコニーの物干し以外の活用方法は? »