« エコポイントや減税などで最も購入したい商品は? | トップページ | エアコンの掃除はどのくらいの頻度で行っていますか? »

2009年8月 4日 (火)

タワーパーキング

Blog_back060615

【NO.232】「タワーパーキング」のウソ・ホント

タワーパーキングって何?
 タワーパーキングは、機械式駐車場の一種。機械式駐車場はパレットに車を載せ、パレットごと車を移動させることで限られた土地面積により多くの車を収める方式を指す。
 マンションに設置される一般的な機械式駐車場は3層とか5層の高さで車を収める。これに対し、タワーパーキングはもっと層が多い。15層とか20層で車を収め、縦長の観覧車のようにパレットを回転させて車の出し入れをする。都心のオフィスビルやホテルで以前から活用されてきた方式である。


タワーパーキングの長所は?
 タワーパーキングは限られた面積でより多くの車を収めることができる。例えば、超高層マンションで建物の一部に駐車場を組み込むときのことを考えてみよう。
 その場合、地下1階から地上15階まで駐車場にあてることができるというように「高さ」は確保できる。しかし、広さは限られる。例えば、建物の北側の一部だけの駐車場として活用するというようなケースだ。そんなスペース(面積は狭く、高さがある)を駐車場として活用するためにはタワーパーキングに頼るしかない。
 このように、タワーパーキングは狭い土地面積で効率よく駐車場を設置できるのが最大の長所となるわけだ。
 
 
タワーパーキングに短所はないの?
 観覧車のように車をのせたパレットを動かすため、作動させるための電気代がかかるし、メンテナンスの費用もかかる。タワーパーキングが設置されるマンションは土地代が高い都心部や駅近くに建設されやすいこともあり、タワーパーキングでは駐車場使用料が高くなりやすい。
 しかし、それよりも問題になるのは「出し入れに時間がかかる」ということだ。
 自分の車がどの位置にあるかによるが、一般的にタワーパーキングでは車を出すときの待ち時間が長い。出し入れに時間がかかる人が前にいると、なおさら待ち時間が長くなる。
 そこで、現在は待ち時間を短縮する工夫が生み出されている。例えば、自宅内で出庫の予約ができ、自分が駐車場に着く頃にちょうど車が出てくるようにするといった工夫だ。
 多くの工夫でより使いやすくなることが期待される施設である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« エコポイントや減税などで最も購入したい商品は? | トップページ | エアコンの掃除はどのくらいの頻度で行っていますか? »