« 「定額給付金」あなたが考える主な使い道は? | トップページ | 冬のボーナスで購入したい物は? »

2008年11月25日 (火)

段差付き浴槽

Blog_back060615

【NO.215】「段差付き浴槽」のウソ・ホント

段差付き浴槽って、どういうもの?
 段差付き浴槽というのは、浴槽の内壁に段差が設けられたものを指す。それは、親子で入浴するときのことを考えて生み出された。
 小さな子供は湯船の中で座りにくい。座ると顔が沈んでしまう。座っても顔が沈まないような湯量にすると、今度は大人が入浴しにくい。
 そこで、内壁に段差を設け、小さな子供が座れるようにしたのである。
 子供用であるため、段差は小さな子供が座りやすい高さに設けられ、幅も狭め。子供がちょこんと座れるくらいに抑えられ、大人が入浴するときの邪魔にならないようになっている。
「浴槽内に設けられた小さな出っ張り」といった風情のものである。


段差付き浴槽に問題はないの?
 浴槽内の段差は評判がよかった。小さな子供は当然、喜んだ。大人が一人で入浴するときも、邪魔になるどころか、喜ばれることが多かった。それは、足を乗せると具合がよかったからだ。湯船にどっぷりつかり、足を段差に置く、もしくは脚を乗せる(ふくらはぎを乗せる)と、意外にリラックスできるからだ。
 段差は好評だったのだが、それ以外の点で困った問題があった。
 初期の段差付き浴槽は、サイズが大型だった。シェル型やデルタ型で、大人と子供がゆったり入ることのできるサイズにされた。
 この大型サイズはお湯を大量に使う。そして、掃除の手間が増えた。さらに、洗い場が狭くなるなどの点で不満を生んだのである。
 
 
最新の段差付き浴槽はどんな形なの?
 大型サイズで段差付きの浴槽は評判が今ひとつ。しかし、浴槽内の段差自体は好評だった。そこで、最新の浴槽では「標準サイズで、段差付き」というものが生まれている。
 使用するお湯の量は常識の範囲で、段差付きの使いやすさだけを残したわけだ。この浴槽がこれから増えてゆくものと思われる。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 「定額給付金」あなたが考える主な使い道は? | トップページ | 冬のボーナスで購入したい物は? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/43219847

この記事へのトラックバック一覧です: 段差付き浴槽:

« 「定額給付金」あなたが考える主な使い道は? | トップページ | 冬のボーナスで購入したい物は? »