« GWは主にどのように過ごしましたか? | トップページ | 最先端エリアに学ぶ、賃貸住宅設備の未来 »

2008年5月13日 (火)

マンション最上階住戸

Blog_back060615

【NO.201】「マンション最上階住戸」のウソ・ホント

最上階住戸って、どういうもの?
201 最上階住戸とは、言葉が示すとおりマンション建物の最も上に位置する住戸。ただし、「階数が一番大きい住戸」とは限らない。
 例えば、地上12階建てのマンションがあったとする。その場合、12階にある住戸は最上階住戸になるのだが、10階でも最上階ということがあり得るし、5階でも最上階ということもある。
 というのも、マンションの建物が階段状になり、最も背が高い部分は12階だが、10階までしかない部分や5階までしかない部分があったとする、その場合、10階までの部分では10階が、5階までの部分では5階が最上階となるからだ。
 つまり、「それ以上、上には住戸がない住戸」——天井の上は建物の屋根になっている住戸が最上階ということになる。


最上階住戸の長所は何?
 一戸建てと比べて、マンションがすぐれている点は何か。
 答えはいろいろあるのだが、最も大きな違いとされるのは「一戸建てよりも高い場所に住むことができる」点だ。
 一戸建てでは2階建て、せいぜい3階建てまでになるのが普通。これに対し、マンションならば、地上40階とか50階……地面から100m以上の高所に住むことができる。
 一戸建てで地上100mの建物はまず造れない。そんなに高いところに住むことができるのはマンションならでは。高いところに住めば見晴らしがよいし、日当たりもよい。そこで、「どうせマンションに住むのなら、なるべく高所の住戸がよい」と考えられ、最上階住戸がベストなポジションとされるようになった。
 最上階であれば、「頭の上に人が住んでいない」ということになり、それも好まれる理由。実際、マンションでは最上階住戸の人気が高い。
 人気が高いため、面積の広い住戸がつくられ、価格設定も高くなるのが一般的である。
 
 
最上階住戸に短所はないの?
 実際に、最上階住戸に住んでみると、やはり気分がよい。対して、短所は何か。
 以前は最上階住戸は、夏、暑さが厳しいとされた。屋根が太陽光で熱せられ、その熱で室内も暑くなったからだ。しかし、今は屋根の断熱性が増しており、暑さ・寒さの弊害はほとんどなくなっている。
 大地震が起きてエレベーターが止まると、住戸への出入りが大変という意見もあるが、その短所は上層階の住戸すべて当てはまること。最上階住戸だけの短所ではない。
 最近、よく耳にするのは、「意外に泥棒被害に遭いやすい」ということ。泥棒が屋上からバルコニーに下りて忍び込むわけだ。
 そのため、最近のマンションでは1階住戸だけでなく、最上階住戸も窓に防犯センサーを設置し、セキュリティを固めるようになっている。
 最後に残るのは、「価格が高くて買いにくい」という短所。これだけは解決策がない“致命的欠点”といえそうだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« GWは主にどのように過ごしましたか? | トップページ | 最先端エリアに学ぶ、賃貸住宅設備の未来 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/41187474

この記事へのトラックバック一覧です: マンション最上階住戸:

« GWは主にどのように過ごしましたか? | トップページ | 最先端エリアに学ぶ、賃貸住宅設備の未来 »