« モデルルーム見学術「玄関・バルコニー編」 | トップページ | マンションのインターネット回線 »

2008年3月18日 (火)

コルクの床

Blog_back060615

【NO.197】「コルクの床」のウソ・ホント《会員リクエスト》

コルクの床って、どういうもの?
 コルクといえば、ワインの栓に使われていることで広く知られる素材。コルク樫の樹皮をはがして利用する天然素材である。柔らかいが弾力があって丈夫。腐りにくいという性質があるので、栓に利用されるのだが、住宅用の建材として使われることが多い。
 住宅用建材で多く活用されるのは内装材、特に床材として。現在は、コルクでジョイント(凸凹)をつけたタイルをつくり、それを組み合わせて敷き詰める工法が主流。コルクタイルはカッターナイフで簡単に切ることができるので、DIYで床にコルクを敷き詰める人も少なくない。


コルクの床の長所は何?
 コルクは、キッチンや洗面所など水まわりと呼ばれる場所の床材として重宝される。それは、水まわりに適した長所を持っているからだ。
 まず、水気をはじき、浸透しにくい。腐りにくい。柔らかな感触があるし、断熱性も高いので洗面所やキッチンの床材として喜ばれるわけだ。
 
 
コルクの床に短所はないの?
 床材としての長所が多いコルクだが、短所もある。それは直射日光に弱いと言うこと。直射日光が当たる場所に採用すると、硬化してひび割れが生じたり、崩れやすくなる。そのため、日当たりのよいリビングに採用するのには向かないとされる。
 その点、直射日光が差さず、水気の多いキッチンや洗面所にはちょうどよい床材ということになる。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« モデルルーム見学術「玄関・バルコニー編」 | トップページ | マンションのインターネット回線 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/40543934

この記事へのトラックバック一覧です: コルクの床:

« モデルルーム見学術「玄関・バルコニー編」 | トップページ | マンションのインターネット回線 »