« あなたが好きな壁材は? | トップページ | もらって嬉しい引越し祝いは? »

2008年2月 5日 (火)

熱交換方式ではない24時間換気装置

Blog_back060615

【NO.194】「熱交換方式ではない24時間換気装置」のウソ・ホント《会員リクエスト》

熱交換方式の24時間換気装置って、どういうもの?
 24時間換気装置は、住宅の気密性が高まったことで生み出された装置だ。
 その役割は、玄関ドアや窓を閉めたままでも室内の空気を入れ換える——つまり換気をすることにある。
 気密性の高い家でドア・窓を閉め切ったままだと、室内の空気がよどみ、カビやダニが発生しやすくなる。これを防ぎ、室内環境をよくするために開発されたのが24時間換気装置である。
 この装置には、実は二つの種類がある。
 一つは「熱交換機能がついているもの」。もう一つは、「熱交換機能がついていない」ものだ。熱交換機能の有る無しで、住み心地が大きく変わってしまう。その内容を説明しよう。


熱交換方式でないと、どんな問題が起きるの?
194 熱交換機能というのは、室内から外に出る空気と、外から入ってくる空気の間で熱を交換する方式を指す。
 例えば、夏の場合、外の空気は暑く、室内の空気はエアコンで涼しくなっている。このとき、室内の涼しい空気を出し、外の空気を取り入れるだけだと、室内が暑くなってしまう。
 冬はその逆で、外の空気が冷たく、室内の空気は暖められているので室内が寒くなる。暖房をつけているのに、室内の温度が暖まらない。寒くて仕方がないという現象が起きてしまうわけだ。
 そこで、室内から外に出す空気と外から入ってくる空気で熱を交換したらどうだろう。
 夏は外から入ってくる空気の温度を冷やす。冬は外から入ってくる空気を暖めることができるので、室内温に及ぼす影響が少ない。だから、快適さを損なわれないことになる。
 

熱交換方式ではない24時間換気装置と上手につきあう方法は?
 熱交換方式の24時間換気装置であれば、夏も冬も過ごしやすくなるのだが、問題は熱交換方式ではない24時間換気装置の場合だ。
 熱交換方式のものは値段が高い。また、熱交換方式にすると、換気能力が下がるという見方もあり、すべての24時間換気装置に熱交換機能がついているわけではない。むしろ、熱交換方式ではない24時間換気装置のほうが多いと思われる。
 では、熱交換方式ではない24時間換気装置で寒い冬や暑い夏を乗り切るためにはどうするか。
 多くの人が採用している解決法は、24時間換気装置のスイッチを切るというものだ。スイッチを切るのは、特に寒い日や特に暑い日。冷暖房効率がわるくなるような日だけはスイッチを切り、それ以外の日は極力24時間換気装置を作動させる。それが、現実的な解決策になっており、それ以外によい方法がないというのが実情である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« あなたが好きな壁材は? | トップページ | もらって嬉しい引越し祝いは? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/17959878

この記事へのトラックバック一覧です: 熱交換方式ではない24時間換気装置:

« あなたが好きな壁材は? | トップページ | もらって嬉しい引越し祝いは? »