« こだわりたい窓の機能は? | トップページ | 床材で一番重要視するところは? »

2007年10月23日 (火)

マンション敷地内のコンビニ

Blog_back060615

【NO.187】「マンション敷地内のコンビニ」のウソ・ホント

マンション敷地内のコンビニって何?
 最近は、大規模マンションで敷地内にコンビニつまりコンビニエンスストアを設置する物件が増えている。その内容は大きく二つの種類に分けられる。
 一つは、マンション居住者以外も利用できるようになっているもの。もう一つは、マンション居住者しか利用できないものだ。
 マンション居住者しか利用できないコンビニは敷地内に配置され、オートロック等の内側に入らないと利用できない。これに対し、マンション居住者以外でも利用できるコンビニはオートロック等の外側に配置され、誰でも利用できるようになっている。つまり、一般的なコンビニと同様で、マンション居住者しか利用できないコンビニのほうが特殊な形態ということになる。
 

マンション敷地内はどのような仕組みになっているの?
 マンション敷地内のコンビニは、「それがあったほうが居住者が助かる」と考えられるときに設置される。
 例えば、近くに買い物施設がなくて不便な場所であるとき、敷地内にコンビニがあると居住者が助かる。そのようなときに敷地内のコンビニが設置されるわけだ。
 その権利形態はさまざま。売り主である不動産会社がコンビニ用の建物を所有してコンビニ経営者に貸す方式もあるし、マンションの共用施設としてコンビニ用の建物を建設し、マンションの管理組合がコンビニ経営者に貸す方式もある。さらに、マンションの住戸と同様にコンビニのスペースを分譲し、購入した人がコンビニを経営する方式もある。
 いずれの場合も、家賃や分譲価格は低めに設定される。それは、マンション居住者に必要な買い物施設であるため、楽に経営してもらおう、長く経営してもらおうという配慮からだ。
 
マンション敷地内のコンビニが抱える問題点は?
 マンション敷地内のコンビニで一番の問題は、売り上げが少ないという理由でコンビニが閉店してしまうこと。コンビニが閉店すると居住者は困る。そこで、家賃や分譲価格を低く設定する。
 また、経営面から考えれば、マンションの居住者以外の客にも来てもらったほうがよい。しかし、不特定多数の人が来店すると、夜中の風紀が乱れる等の不安が生じる。
 その点、マンション居住者だけを相手に商売を行うコンビニであれば不安はない。が、マンション居住者だけを相手にして商売が成り立つためには総戸数が1000戸以上でなければ難しいとされ、実現できるマンションが限られる。
 そこで、敷地内にコンビ二を備えるマンションの場合、コンビニがどの位置にあるのか、居住者の生活や居住者の車の出入りに迷惑が及ぼされる心配がないかを確認しておく必要がある。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« こだわりたい窓の機能は? | トップページ | 床材で一番重要視するところは? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/16844211

この記事へのトラックバック一覧です: マンション敷地内のコンビニ:

« こだわりたい窓の機能は? | トップページ | 床材で一番重要視するところは? »