« 地球温暖化防止活動に対するあなたの実行度合いを教えて下さい | トップページ | 住宅設備の落とし穴 »

2007年7月17日 (火)

角住戸

Blog_back060615

【NO.180】「角住戸」のウソホント《会員リクエスト》

角住戸って何?
 角住戸は、妻住戸とか妻側住戸とも呼ばれ、建物の端に位置する住戸を指す。
 マンションやアパートなど集合住宅では住戸が横に連なる。例えば1階に101号室から103号室が並んでいれば、101号室と103号室が端に位置し、角住戸ということになる。この場合、102号室は両サイドが他の住戸に接し、二つの住戸の間にあることから「中住戸」と呼ばれる。
 101号室から103号室までの3住戸で構成される場合、角住戸のほうが数が多く、中住戸が希少となる。
 しかし、実際には10戸、20戸と数多くの住戸が横に連なるため、角住戸のほうが希少価値が高い。
 10戸が並んでいる場合、角住戸は両端に1戸ずつで計2戸。これに対し、中住戸は8戸あるからだ。

角住戸の長所は?
180 角住戸の長所は、独立性が高いこと。マンションの場合、「壁の向こう側は他人の家」ということになるのだが、角住戸ならば、「他人の家に面した壁」が少なくなる。
 中住戸ならば2面の壁が他人の家に接するが、角住戸ならば1面で済むのが普通。もう1面は「外壁」になるので、気兼ねが少なくなるのだ。
 また、建物の北側に共用廊下を設ける場合、中住戸では、北側の部屋は共用廊下に面することになる。しかし、角住戸だけは、北側居室が共用廊下に面することがなく、プライバシーを守りやすいという特徴が生まれる。
 以上の2点から、角住戸は独立性が高いといえるわけだ。
 加えて、外壁には窓を設置できるので、窓の数が多く、明るく開放感があるという長所も生まれる。
 角住戸だけは浴室やトイレ、台所に窓が付くというケースもあり、窓の多さも角住戸の大きなポイントになる。

角住戸に短所はないの?
 緊急地震速報システムをモデルルームで実際に体験してみた。
 実際にマンションの角住戸に住んで、困ることや気になることは少ない。マンションによっては「エレベーターから遠い」ということがあるかもしれないが、致命的な短所ではないだろう。
 窓が多いのでカーテン代が高い!という意見があるが、これは短所といえるかどうか……。
 唯一の短所は、中住戸に比べて、角住戸は値段が高いこと。角住戸は中住戸より広い間取りにされることが多く、広いために余計に高額になるという側面もある。
 魅力的だが、簡単には買えない——それが大きな短所といえるだろう。
 

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« 地球温暖化防止活動に対するあなたの実行度合いを教えて下さい | トップページ | 住宅設備の落とし穴 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/15784602

この記事へのトラックバック一覧です: 角住戸:

« 地球温暖化防止活動に対するあなたの実行度合いを教えて下さい | トップページ | 住宅設備の落とし穴 »