« ダブルドアスコープ | トップページ | ワンプッシュ排水栓 »

2007年6月 5日 (火)

幅広の框(かまち)

Blog_back060615

【NO.177】「幅広の框(かまち)」のウソ・ホント

幅広の框って何?
177 框というのは、玄関の床に設置される横木や、ドア障子類の枠のことを指す。幅広の……という場合は、ドア枠を指すのが一般的。ドアの周囲を囲む木枠——その幅が広くなっているのが「幅広の框」である。
 通常、ドアの框は2cm程度の幅になっている。この幅が4cm以上になっていると「幅広」ということになる。
 明確な基準があるわけではないのだが、そのくらいが一応の目安である。

框を幅広にするメリットは?
 ドアの框を幅広にすると、重厚なムードがでる。この「ムードの演出」が、框を太くする主たる目的だ。
 高級マンションでは、以前から框を幅広にすることが行われている。それは、室内ドアが重厚になっていることと無縁ではないだろう。
 重厚なムードで実際の重量も重い室内ドアを採用すると、框も重厚にしないとバランスがとれない。それで、框の幅が広くなり、10cm近い幅の框も採用されているほどだ。

幅広の框の最新傾向は?
 最近の傾向は、幅広の框の採用例が増えていること。高級マンションだけでなく、スタンダードレベルのマンションにも採用されるケースが少しずつだが出ている。
 といっても、10cm近い“特広”の框ではなく、4cm幅程度の「少し幅広タイプの框」が主流だ。
 これは、スタンダードレベルのマンションでも重厚な室内ドアが増え始め、それにあわせて、框の幅を広げているためと推測される。
 日本のマンションがレベルを上げている一つの証拠でもある。
 

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

|

« ダブルドアスコープ | トップページ | ワンプッシュ排水栓 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/15320274

この記事へのトラックバック一覧です: 幅広の框(かまち):

« ダブルドアスコープ | トップページ | ワンプッシュ排水栓 »