« 防犯監視カメラ | トップページ | 下足入れ »

2006年5月30日 (火)

洗面所のタオル掛け

Juusetsunavi_back

【NO.116】洗面所のタオル掛けのウソ・ホント

「洗面所のタオル掛け」ってどういうもの?
 日本の住宅では、洗面所が脱衣所も兼ねているのが普通。この洗面所兼脱衣所に設置されるタオル掛けというのは、バスタオルを掛けるためのものだ。太く、頑丈なバーを1本設置するのが、一般的なタオル掛けの形状となっている。
 設置される場所は、洗面所内でも浴室に近い場所。浴室から手を伸ばせば届く位置にバーを1本付けるのが基本である。

「洗面所のタオル掛け」がないと困るの?
 バー1本の簡単なものだから、どんな家にも設置されているだろうと考えられがち。ところが、意外に設置されていないケースがある。設置したくても、壁に空きスペースがない、浴室ドアに付けたくてもドアが折り戸で付けられない——そんな理由で、「タオル掛けなし」とするケースが少なくないのだ。
 そして、設置されていないと非常に不便。入浴後に使うバスタオルを床に置くことになりかねないし、使用後の湿ったバスタオルを乾かす場所もなくなるからだ。“たかが、バスタオル掛け”と思いがちだが、ないとそのありがたみを実感させられる設備というわけだ。

使いやすい「洗面所のタオル掛け」とは?
 使って不満がでないのは、まず「1m程度のバーが設置されていること」。1mあれば、なんとか家族4人分のバスタオルを掛けることができる。そして、浴室から手の届く範囲に設置されていることも大切な条件。さらに、タオル掛けがドアの開け閉めや洗面所での動作の邪魔にならないことも重要だ。
 高級仕様の場合、タオル掛けが電気ヒーターと一体化。バスタオルを強制的に乾かす仕組みになっているものもある。そこまで気を遣ってあれば、言うことなしだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« 防犯監視カメラ | トップページ | 下足入れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10312272

この記事へのトラックバック一覧です: 洗面所のタオル掛け:

« 防犯監視カメラ | トップページ | 下足入れ »