« 洗面所のタオル掛け | トップページ | 可動収納 »

2006年5月30日 (火)

下足入れ

Juusetsunavi_back

「下足入れ」ってどんなものなの?
 マンションやアパートの間取り図に、「下足入れ」と書かれていることがある。これは、玄関部分に造り付けられた下駄箱と思えばよい。下駄箱は家具なので、引っ越しのとき持ってゆく事ができる。これに対し、下足入れは住戸に付属する設備だから、持ち運ぶ事ができない。
 下足入れはすべての住宅に付属しているわけではない。分譲マンションの多くには設置されるものの、賃貸アパートでは設置されないケースが多い。そこで、賃貸アパート時代の下駄箱が、分譲マンションを買ったときに不要になりやすい。だから、あまり立派な下駄箱は買いにくいという状況があるのも事実だ。

使いやすい「下足入れ」の条件は?
 下足入れで最も重要なのは、収納量の多さだ。革靴でも黒、茶、白といった色違いが必要だし、スニーカーもある、仕事用、遊び用、夏用、冬用、そして雨用と、靴の数は増える一方。4人家族であれば、子供の成長とともに靴の数が加速度的に増えてしまう。
 そのため、「こんなにいらない」というくらい、たっぷり棚がある——それが使いやすい下足入れ条件。また、傘をしまうためのスペースが設けられていることも必要だ。
 これに加え、姿見の鏡が付いていたり、椅子が組み込まれ、座って靴ひもを結べるようになっているものも使いやすい。

「下足入れ」の最新傾向は何?
 最近の下足入れは、ただ靴をしまうだけでなく、玄関を豪華に演出してくれる、例えば、下足入れの下部に蛍光灯を仕込み、足下をやさしく照らす工夫が多くなっている。
 それ自体、とても素敵なことなのだが、問題は蛍光灯が切れたとき。蛍光灯の交換が面倒なケースが少なくない。マンションのモデルルームを見学するときには下足入れ下の蛍光灯を交換しやすいかどうかも、重要なチェックポイントになる。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« 洗面所のタオル掛け | トップページ | 可動収納 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10312281

この記事へのトラックバック一覧です: 下足入れ:

« 洗面所のタオル掛け | トップページ | 可動収納 »