« 保温力の高い浴槽 | トップページ | 最新防犯設備 »

2006年5月30日 (火)

ワイドスパン

Juusetsunavi_back

【NO.109】ワイドスパンのウソ・ホント

「ワイドスパン」とはどんなものなの?
 マンションでワイドスパンというと、二つの意味がある。
 一つは、ラーメン構造(柱と梁で建物を支える構造)の「柱と柱の間隔が広い」こと。柱と柱の間隔をスパンと呼び、その間隔がワイド=広いというわけだ。
 もう一つの意味は、「住戸の間口が広い」という意味。例えば、南向きのバルコニーに面した辺が広い——それがワイドスパンだ。
 マンションのパンフレットなどで、「この住戸はワイドスパン」と表現されるときは、後者の意味。間口が広い間取りを指す。
 バルコニーに面した辺=間口が8m以上あれば、ワイドスパンということになる。が、7m程度でもワイドスパンと呼ぶことがあり、明確な基準はないのが実情だ。

「ワイドスパン」の長所は?
 マンションの間取りは細長いものが多い。いわゆる“ウナギの寝床”状態で、この場合はバルコニーに面した辺=間口も狭く、窓面積が小さくなる。
 その結果、開放感を感じにくいし、家の中が暗くなりがちだ。
 その点、ワイドスパンなら間口が広いために窓面積も広く取れる。開放感が出て、住戸内も明るくなる。以上が、ワイドスパンの大きな長所である。
 マンションの住戸でも、角住戸タイプなら窓が多く、明るい室内が実現させやすい。
 しかし、両サイドを他の住戸に囲まれた「中住戸」の場合、窓を設置できる壁が限られる。そこで、間口を広くすると、窓面積が広がり、開放感が増すわけだ。

「ワイドスパン」に短所はないの?
 ワイドスパンの中には、8mどころか10mを大きく超え、間口15mというような間取りもある。その場合、奥行が浅く、間口が広いため、横広の間取りとなる。当然、バルコニーに面した部屋を多くできるので、開放感はさらに高まる。
 キッチンまでバルコニーに面することがあり、その場合、キッチンの日当たりもよすぎて、うっかり生ものを出しっぱなしにすると、すぐに傷むという声も。もっとも、これは欠点ではなく、贅沢な悩みというべきだろう。
 このほか、ワイドスパンに際だった短所はない。
 現在の傾向としては、南向き以外の住戸——例えば北向きや西向きの住戸にワイドスパンを採用するケースが多くなっている。
 直射日光が射し込まない、もしくは射し込む時間が短い住戸を少しでも明るくするため、間口を広げるわけだ。その結果、意外に明るい北向き住戸、西向き住戸が実現するのも事実である。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« 保温力の高い浴槽 | トップページ | 最新防犯設備 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10312171

この記事へのトラックバック一覧です: ワイドスパン:

« 保温力の高い浴槽 | トップページ | 最新防犯設備 »