« メディシンボックス | トップページ | 100回記念「最も重要と考えられる設備」 »

2006年5月30日 (火)

トイレの手すり

Juusetsunavi_back

【NO.099】トイレの手すりのウソ・ホント

「トイレの手すり」って、どういうものなの?
 トイレの手すりは、便器まわりの壁に設置される補助設備のこと。それをつかむと、便器に座る、立ち上がるといった動作が楽になるように配置されるものだ。
 基本的な手すりは鉄棒のようなバー状で、壁に水平に取り付けられる。さらに、垂直のバーを組み合わせることが多い。
 しかし、手すりはバーだけとは限らない。便器の横に奥行の浅い棚を設置し、その棚に手をつけるようにする場合もある。棚であれば物を置く事もできるので、2倍に活用できることになる。

使いやすい「トイレの手すり」は?
 トイレに手すりをつけるとき問題になるのは、便器に腰掛けたときの右側がいいか、左側がいいかということ。このとき「体の動きが不自由になったとき、使いやすいのはどちらか」ということを考えがちだ。しかし、将来、体のどちら側が不自由になるかは予測できない。
 そこで、将来のことより現在の使い勝手を第一に考えたほうがよい。例えば、トイレットペーパーホルダーがあれば、その近くにつける。そうすれば、壁からの出っ張りを1カ所にまとめることができて使い勝手がよいわけだ。

「トイレの手すり」の使い勝手は?
 トイレに手すりがあれば、体の動きに不自由がなくても何かと便利。特に急激な運動をして、体が痛いときなど、とても助かるという声が多い。
 さらに、意外に便利なのが掃除をするとき。便器の裏を掃除するときなど、手すりをつかむと体が楽なのだ。
 これからも設置例が増えてゆく設備であることは間違いない。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« メディシンボックス | トップページ | 100回記念「最も重要と考えられる設備」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10312026

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの手すり:

« メディシンボックス | トップページ | 100回記念「最も重要と考えられる設備」 »