« キーシステム | トップページ | 間接照明 »

2006年5月30日 (火)

タンクをなくした水洗トイレ

Juusetsunavi_back

【NO.010】タンクをなくした水洗トイレのウソ・ホント

タンクをなくした水洗トイレって、どうなっているの?
 従来型の水洗トイレでタンクが必要なのは、大量の水を一気に流したいから。水を一気に流すことで、便器の汚れを落としながら、汚物を流したわけだ。ところが、最近は、日本でも上水道の水圧が上がり、どんな場所でも勢い良く水が出るようになった。この水圧の高さと、例え低い水圧でも汚れが落ちやすい方式を組み合わせることで、タンクをなくした水洗トイレが実現した。
 低い水圧でも汚れが落ちやすい方式は、メーカーによって異なる。例えば、渦巻きが発生するように水を流す方式もその一つ。他に、サイホン式というものもある。サイホン式は、便器内に水を多く溜め、その水の中に便が落ちる方式。水の中に便が落ちるので、便器に汚れが付きにくいというわけだ。

タンクをなくすことで生まれる長所は?
 タンクをなくすことの長所は、ズバリ、トイレ空間が広々使えること。タンクがない分、ゆったりするわけだ。
 ゆったりしたスペースを生かし、便器から離れた場所に手洗い器を設置できる。そうなると、トイレの水を流さずに手を洗ったり、雑巾を洗ったりできる。手を洗うときに水が飛び散らず、掃除が楽になる、といった長所も生まれる。

タンクのない水洗トイレに弱点はないの?
 まず、一つは、マンションの上層階など水圧が低くなってしまうところには設置できないということ。水圧が低くなると、洗浄力が低下するためだ。地域によって異なるが、10階よりも上の階だと、設置できないことが多くなる。
 二つ目の短所は、従来型に比べて価格が割高であること。今のところ2、3割は高くなってしまう。
 三つ目の短所として報告されているのは、従来型に比べ、汚れが落ちにくいということ。ただし、これは使った人全員の意見ではない。一部にそういう意見があるだけなので、参考意見として考慮していただきたい。
 使用する人が増えれば、汚れ落ちに対する評価が固まるはずだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« キーシステム | トップページ | 間接照明 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10310360

この記事へのトラックバック一覧です: タンクをなくした水洗トイレ:

« キーシステム | トップページ | 間接照明 »