« 100回記念「最も重要と考えられる設備」 | トップページ | 室内ドア »

2006年5月30日 (火)

主寝室

Juusetsunavi_back

【NO.101】主寝室のウソ・ホント

「主寝室」って、どういうものなの?
 主寝室,もしくはマスターベッドルームというのは,夫婦の寝室のこと。ファミリーが暮らす場合,お父さんとお母さんが一緒に寝る部屋という意味だ。では,間取りの中で,どの部屋を主寝室やマスターベッドルームと呼ぶのか——その点に関し,実は定められた条件というようなものはない。慣例的に,「洋室」で最も広い部屋が主寝室と呼ばれている。
 子供部屋は基本的に1人で使う。しかし,主寝室は二人で使う。だから,最も広い部屋が必要というわけだ。
 戸建ての場合,主寝室は広いだけではなく,条件のよい場所に設定される,例えば,朝日が射し込む東南の角とか,2階で最も見晴らしのよい位置などに置かれるわけだ。しかし,マンションなど集合住宅では朝日が射し込む部屋も見晴らしのよい部屋もむずかしいので,とにかく広い部屋が主寝室となっている。ウォークインクローゼットなど大型の収納も主寝室に付随するのが一般的。が,最近は子供部屋に大型の収納を設ける例もあり,この原則は崩れ始めている。

使いやすい「主寝室」の条件は?
 ファミリーの場合,主寝室として使いやすいのは,7畳以上あること。理由は,子供と一緒に寝るにはそれくらいの広さが必要であるからだ。
 子供を持ったことがない人は,「子供が生まれると,すぐに子供部屋が必要」と考えがち。しかし,実際には子供部屋が必要になるのはだいぶ先の話。日本では小学校の中学年か高学年になるまで親と一緒に寝ているということが多い。
 そうなると,子供2人の4人家族の場合,親子4人が一部屋で寝る期間が10年くらい続く事になる。だから,親子4人が一緒に寝る事のできる部屋の広さ——7畳以上が必要と考えられるわけだ。
 7畳以上あれば,シングルベッドを2つとセミダブルの合計3つを並べる事ができる。これで,4人家族が一部屋で寝る事が可能になる。もちろん,ベッドだけで部屋がいっぱいになってしまうのだが……まあ,無理ではない。
 しかし,6畳程度の広さだとベッドがあふれ,4人が一緒に寝る事は不可能になる。その結果,お父さんだけが別の部屋に寝るということになりがち。これは,夫婦仲を良好に保つという側面から考えると,決して好ましい状況とはいえない。夫婦が一緒の部屋に寝るためには,7畳以上の広さが必要になるわけだ。

「主寝室」の上手な使い方は?
 4人家族で,子供二人がそれぞれ独立した部屋を欲しがるとき,主寝室は子供部屋に変わる事が多い。というのも,従来型の3LDKでは洋室2つと和室一つになりがちだったから。二つの洋室を子供部屋とし,夫婦はリビングに隣接した和室を寝室として使うことが多かったわけだ。
 この傾向はまだしばらく続くと思われる(和室がなくなれば,事情も変わるだろうが)。その場合,主寝室として設計された洋室は子供部屋としては広すぎる(贅沢すぎる)ということになりがち。そこで,一部を家族全員のスペースとする方法がある。例えば,主寝室を子供部屋にするが,その部屋に付いているウォークインクローゼットには,お父さんとお母さんの服,そして,家族の布団類もしまうと決めておくわけだ。
 これで,子供の片方が広い部屋を使うという不公平感が薄れるし,子供部屋に親が入りやすいという長所も生まれる。また,そうでもしないと,収納スペースが不足するという問題もある。
 主寝室を子供部屋にする時は,条件をつける事が必要になるわけだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« 100回記念「最も重要と考えられる設備」 | トップページ | 室内ドア »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10312070

この記事へのトラックバック一覧です: 主寝室:

« 100回記念「最も重要と考えられる設備」 | トップページ | 室内ドア »