« 電気温水器 | トップページ | オートロック »

2006年5月30日 (火)

浴室換気乾燥機

Juusetsunavi_back

【NO.013】浴室換気乾燥機のウソ・ホント

浴室換気乾燥機って、どんな仕組みになっているの?
 お風呂場を換気して、乾燥させる設備——そう聞くと、換気扇を思い浮かべがち。確かに、浴室換気乾燥機は、換気扇としても使える。しかし、本来の性能は換気扇とは段違い。換気扇は、扇風機のような羽根を回し、風呂場の空気を外に追い出すだけの設備。これに対し、浴室換気乾燥機は、ガスや電気の力で暖かく乾燥した空気をつくり、それを浴室内に吹き出すことで、お風呂場全体を乾燥させる。浴室を乾燥させる能力は、換気扇より数段上なのだ。
 従来、マンションの浴室は窓を設置しにくく、湿気やカビとの戦いを強いられていた。ところが、この浴室換気乾燥機の出現で、状況が一変。マンションの浴室環境を飛躍的に向上させた立て役者とされる設備。それが、浴室換気乾燥機である。

浴室換気乾燥機は、他にどんなことができるの?
013 暖かく、乾燥した空気を吹き出すため、浴室換気乾燥機は、いろいろな用途に使うことができる。例えば、風呂場に洗濯物を干し、この設備を運転させると洗濯物が乾く。つまり、風呂場を乾燥室として使えるようにできる。
 また、冬場は、あらかじめ浴室内を暖める「浴室暖房」として使うことも可能。さらに、機種によっては、夏場に浴室を冷やす「浴室冷房」の機能を備えたものもあり、風呂場の空調設備としても活躍するわけだ。
 おかげで、現在は大きな窓のある浴室でも、浴室換気乾燥機を設置する例が増えている。まさに、現代の浴室の必需品だ。

浴室換気乾燥機に欠点はないの?
 あえて、欠点をあげると、洗濯物の乾燥能力は期待したほど高くない、というもの。1時間くらい回しても、完全に乾くのは暖かい風が直接当たった洗濯物だけ。
 他は半乾きだった、という声が多い。
 ガス乾燥機のような乾燥能力は期待しないほうがよさそうだ。
 ちなみに、浴室換気乾燥機には電気式とガス式があり、立ち上がりが早さではガス式のほうがすぐれている。早く暖まる分、ランニングコストもガス式のほうに分がありそうだ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

東京ガスの「浴室換気乾燥機」はこちら
http://home.tokyo-gas.co.jp/living/bathroom/hotdry/index.html

東京ガスの「衣類乾燥機」はこちら
http://home.tokyo-gas.co.jp/living/kaji/kanta/index.html

|

« 電気温水器 | トップページ | オートロック »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10310550

この記事へのトラックバック一覧です: 浴室換気乾燥機:

« 電気温水器 | トップページ | オートロック »