« 掃き出し窓 | トップページ | アルコーブ »

2006年5月30日 (火)

ビューバス

Juusetsunavi_back

【NO.078】ビューバスのウソ・ホント

「ビューバス」って、どういうものなの?
 「ビューバス」は展望風呂とも呼ばれる通り、景色を楽しみながら入浴できるお風呂のことだ。景色を楽しむため、浴槽に沿って大きな窓が付けられる。しかし、浴室に大きな窓を付けると、外からも見えやすい。
 そこで、ビューバスが設置されるのは、主に外から見られる心配のないマンション——具体的には、超高層マンションの上層階で、すぐ目の前に別の建物が建っていない住戸に設置される。
 戸建て住宅や中・低層のマンションでも大型窓付きの浴室がつくられることはある。が、その場合は、「ビューバス」とは呼ばれない。単に「窓付き浴室」となる。ビューバスというのは、あくまでも「眺望の良さを楽しむ事ができる浴室」なのである。

「ビューバス」の長所は?
 一日の仕事が終わり、ゆったりと湯船につかる。そして、窓に目を向けると、都心の夜景が広がる。その眺望を満喫しながら、ほっとため息をつく……そんな時間を味わえるのが、ビューバス最大の長所である。狭苦しい空間になりがちなマンションの浴室だが、ビューバスなら開放感がいっぱい。そして、窓が付くため、浴室内に湿気が溜まりにくいという長所もある。
 つまり、従来のマンション浴室のイメージを覆すもの。それがビューバスというわけだ。

「ビューバス」には短所はないの?
 ビューバスの短所は、ひとつ。それは、誰でも眺望を好ましく思うわけではないということ。高所恐怖症の人は、楽しいより、不安が先に立つ。
 また、あまりに開放的すぎて、恥ずかしいという声もある。これは女性に多い意見だ。ビューバスを設置するマンションでは、すぐ目の前に別の建物はない。しかし、離れた場所には何らかの建物があるもの。「これだけ離れていれば、望遠鏡を使っても見えません」といわれても不安は消えない。だから、大きな窓をブラインド等でふさいで入浴する女性は少なくないのだ。
 ビューバスは、男好みの浴室といえる。女性が好むのは、ビューバスではなく、テレビ付きの浴室。それについては、項を改めたい。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« 掃き出し窓 | トップページ | アルコーブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10311741

この記事へのトラックバック一覧です: ビューバス:

« 掃き出し窓 | トップページ | アルコーブ »