« 高強度コンクリート | トップページ | 網入りガラス »

2006年5月30日 (火)

24時間換気システム

Juusetsunavi_back

【NO.027】24時間換気システムのウソ・ホント

24時間換気システムって何?
 24時間換気システムは、機械式換気とか強制換気と呼ばれることもある。従来の換気(=窓を開けて風を入れ、室内の空気を入れ換える)と異なり、窓を開けずに、電動ファンなどの機械の力で室内の空気を強制的に入れ換えるものだ。
 その際、室内の空気がまんべんなく入れ替わるように考えられているのも特徴。従来の換気では、住宅中心部や収納内の空気が入れ替わりにくく、空気がよどむ場所ができやすかった。空気がよどむと、カビが発生しやすく、ダニも生じやすかった。その点、24時間換気システムならば、収納内も含め、家中の換気を実現してくれるのだ。
 換気を行うときの運転音や風は、気にならないレベルに抑えられる。それで、「低風量24時間換気システム」と呼ばれることもある。

24時間換気システムの設置が義務づけられた建築基準法の改正とはどんなもの?
 24時間換気システムは数年前からあり、高気密・高断熱の戸建てや窓を開けて換気しにくいマンションを中心に設置されていた。「窓を開けて換気しにくい」のは、高速道路の脇とか、都心など、窓を開けると騒音がひどくなる立地のマンション。その24時間換気システムが、今年7月1日の建築基準法改正により、すべての住宅に設置されるようになった。
 今回の「建築基準法改正」はシックハウス対策が中心で、ホルムアルデヒドなどシックハウスの原因となる物質の使用が制限され、機械式換気システムの設置が義務づけられた。換気システムは、「1時間に室内の空気の半分が入れ替えられる」性能が求められ、7月1日以降に建設される住宅で、このシステムがないのは建築基準法違反ということになる。
 ただし、例外があり、「昔ながらのすき間だらけの家」を建てるなら、この換気システムを付けなくても良いことになっている。といっても、すき間だらけの家など、いまどき喜ぶ人はいない。だから、実質的にすべての住宅に設置が義務づけられているわけだ。

24時間換気システムに短所はないの?
 健康のことを考えた場合、24時間換気システムは必要不可欠な設備。しかし、欠点がないわけではない。欠点の一つは、設備費用がかさむこと。新たな設備機器を導入すると、建設費を押し上げ、家賃や分譲価格が高くなってしまう。そこで、費用を抑えるため、浴室の換気システムを活用する方法も考え出されている。それを運転させると住戸全体の換気ができるようなシステムになっているのだ。
 もう一つの欠点が、ランニングコストがかかるということ。電動ファンを回すので、その電気代がかかるわけだ。加えて、冷暖房効率が悪くなるケースも多く、これも毎月の光熱費が上昇する原因となる。 そのため、24時間換気システムを設置した家庭では、「光熱費が高くなって、もったいない」と住んでいる人が換気システムのスイッチを切ってしまうことが少なくなかった。それでは、せっかくの設備も無駄になってしまう。設置と運転の費用を抑えること——それが今後の課題だろう。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

|

« 高強度コンクリート | トップページ | 網入りガラス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177663/10310852

この記事へのトラックバック一覧です: 24時間換気システム:

« 高強度コンクリート | トップページ | 網入りガラス »