2012年4月17日 (火)

300回記念特別編「私が夢見る設備・システム ベスト5」

Blog_back060615

【NO.300】300回記念特別編「私が夢見る設備・システム ベスト5」

下から順に、第5位「冷蔵・冷凍機能付き宅配ボックス
 まずは、比較的簡単に実現しそうな設備として、「冷蔵・冷凍機能付き宅配ボックス」をあげたい。
 マンションのエントランスに設けられる宅配ボックスに冷蔵・冷凍機能付きのボックスを設けてもらう。もしくは、「冷蔵」や「冷凍」ボタンを付け、必要に応じて冷やすことができるようにするものだ。これで、ネットスーパーで注文した食材も受け取りやすくなる。


第4位は「下がり天井活用設備」
3001 天井の一部が低くなっている状態を「下がり天井」という。鉄筋コンクリートの梁や排気ダクトなどによって生じるものだ。これは、決して美しいものではない。しかし、「下がり天井がなければ設置できません」という魅力的な設備が開発されたらどうだろう。誰もがその設備をほしがる。しかし、設置できるのは下がり天井がある住戸だけ……。そうなると、下がり天井に対する評価が一変する。そんな、下がり天井の地位を改善する設備を誰か発明してくれないかなあ。
 
 
ここからベストスリー。第3位は「物々交換できる出窓」
3002 共用廊下に面する居室の窓を出窓にする。出窓の内側にカーテンを設置すると、室内をのぞかれることなく、ショーウィンドウのように使える。この出窓部分に、不要品を置き、「1000円で売ります」というようにアピールする。「タダで差し上げます」としてもいいし、自分の作品を展示してもよい。このように出窓を利用することで、資源の有効活用になるし、節約もできそう。さらに、住民同士の接点ができるなど、メリットが多いはず。「毎週日曜日は、ウィンドウショッピングの日」などとしても、楽しそうだ。
 
 
第2位は「住戸内金庫」
3003 ホテルの部屋にあるような簡単な金庫でもいいから、ひとつあると便利なのが住戸内に固定された金庫。
ホテルのそれよりも少しだけ錠が高度で、庫内が広ければなおよし。
大事なハンドバッグや時計をしまって旅行に出かけることができる。「ちょっとした金庫」の需要は多いと思われる。
 
 
堂々の第1位は「合法的収益システム」
3004 マンションの敷地を活用して、お金を稼ぐことができる。たとえば、空いている駐車場を貸す、飲み物の自販機を設置させて歩合をもらう、屋根に携帯電話のアンテナや広告を載せて使用料を取る、といった具合だ。
 しかし、お金儲けをすると、税金の問題が出やすいし、管理組合を法人化させないとまずいといった制約もある。また、お金で人間関係がぎくしゃくするのも困る。
 そこで、税金や法人化の問題がなく、稼いだお金がそのまま管理費や修繕積立金に充当されるようなシステムがあればいいのに、と思う。マンション居住者が毎月の管理費・修繕積立金を払わないで済むマンションだ。
 私自身、ある程度までは考えているのだが……。これも、実現可能なシステムだろう。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615


|

2008年4月29日 (火)

200回記念「私が好きな設備ベスト5」

Blog_back060615

【NO.200】200回記念「私が好きな設備ベスト5」

最も気に入っているのはお風呂の床
2001 最近の住宅設備のなかで、私が最も気に入っているのはシステムバスに設置される「乾きやすい床」。カラリ床の商品名でも有名な設備である。
 乾きやすいから滑らないし、カビも発生しにくい。断熱性も高いので、冬もヒヤッとしないなど長所が多い。
 この設備、実際に使ってみると長所を肌で感じることができ、耐久性も高い。まったくもって言うことナシの優等生設備である。


小さな装置だが、リッチさを生む仕掛け
 次に気に入っているのはブルモーション。このサイトでも項目をあげて解説しているので、詳しくはそちらを。
 こちらも、体が小さく、シンプルな構造なのに効果が大きい。どんどん広まっていって欲しい設備である。


システムキッチン天板の決定版
 システムキッチンの天板(カウンター)の素材にはステンレスと人造大理石がある。ここに、最近ニューフェイスが登場した。それは、人造大理石の一種で、砕石の比率を高めたもの。自然の大理石などを細かく砕き、それを多く含ませた人造の石材というわけだ。
 その長所は、見た目が自然の石に近く、ムードがよいこと。そして、自然の石よりも加工しやすく、柔らかさもあるため食器を傷つけにくいこと。自然と人造の長所を兼ね備えた素材となっている。


デザイン性を高めたキッチン設備
2002 ピピッとコンロ+do GRILLER(プラス・ドゥ グリレ)のように、デザインのよいコンロもお気に入り設備の一つだ。詳しくは、特集記事「そこが知りたかった!第6回」を。


少し高いが、憧れの設備
2003 値段は高いが、いつかは欲しいと思うのは、タンクのないトイレ。タンクレストイレの商品名で知られる設備だ。
 この設備、初期のものは洗浄能力の面で不満があったが、今の製品は問題ない。
 なにより、美しいし、トイレ空間がノビノビするメリットも大きい。一度このトイレを使うと、タンクを背負ったトイレには戻れないと思う。それくらい魅力的な設備だ。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

住まいのショールーム巡り

東京ガスやTOTO、ナスステンレス等のショールームをピックアップしたページを作りました。
特に西新宿周辺に集中していますので、ここに行けば用は殆ど足せます。
ショッピングがてら、ショールーム巡りは如何でしょうか?

住まいのショールーム巡り
http://www.jyusetsu-navi.com/showroom/index.html

Blog_back060615

| | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

100回記念「最も重要と考えられる設備」

Juusetsunavi_back

【NO.100】100回記念「最も重要と考えられる設備」

櫻井幸雄が考える「最も重要な設備」とは?
 私が住宅関係の取材,原稿書きを始めたのは昭和50年代の後半。ちょうどそのころから普及しはじめた設備がある。それは「ヨッカン」とシステムバスの組み合わせだ。ヨッカンとは浴室換気乾燥機。浴室内の湿気をなくすこの設備は,開発当初からその仕組みがほとんど変わっていない。つまり,最初から完成度の高い設備であり,それゆえ爆発的に普及した。密閉度が高く,断熱性の高いシステムバスとヨッカンの組み合わせで,日本のマンションからカビやダニが大幅に減少した。
 それ以前のマンションでは,浴室に隣接する押入はカビだらけになるのが当たり前。そんなところに物をしまうほうが悪いとまで言われた。しかし,昭和50年代以降,押入が浴室に隣接していてもカビが生えることはまず,なくなった。おかげで間取りの制約が少なくなった事もあり,ヨッカンとシステムバスが果たした役割は大きい。

他に、高く評価する設備は?
 この他,集合住宅の住み心地,資産価値を高めた設備には給湯管,給水管のメンテナンスを簡単にし,湯温の変化を少なくするさや管ヘッダー方式。台所の使い勝手を向上させたシステムキッチンとシングルレバーの混合水栓。風による窓のガタつきをなくしたアルミサッシなど,いまでは当たり前になっている設備の中にも重要なものがある。
 誰にとっても重要な設備であるからこそ,付いているのが当たり前になったのだろう。

一方で,不満がある設備は?
 住宅設備は発売当初は好評だが,普及するにつれ,想像しなかった難点が指摘されることがある。最近の設備でそのことを感じたのは24時間換気システムだ。
 住戸内の空気を電動ファンなどの力をかりて強制的に入れ替えるのが24時間換気システム。室内環境を良好に保つ上で,その効用は大きい。そして,24時間換気システムのおかげで北向きの住戸でも生活しやすくなったのも事実。つまり,とてもすばらしい設備なのだが,これを真冬に作動させると,結構寒いのである。
 暖房を付けていても,すきま風が入ってくるようで寒い。といっても,換気システムのスイッチを切ると,今度は換気が悪くなるので,それもしにくい。
 そこで,理想的なのは熱交換式の換気システムになっていること。これなら,真冬でも屋外から入ってくる風が冷たいことはない。が,熱交換式の24時間換気システムは設備代が高くなるし,換気能力が落ちるという意見もある。
 もう一段,改良が求められる設備であることが,最近ようやく分かったのである。

文:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

Juusetsunavi_back

| | トラックバック (0)